ラーメンマンの食べ歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 麺屋武蔵 武骨外伝@渋谷 新店(12/4オープン予定)

<<   作成日時 : 2006/11/30 23:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

武骨外伝@渋谷 肉餡かけ温玉つけそば1000
肉餡かけ温玉つけそば1000

武骨外伝@渋谷 つけそば(つけ汁)武骨外伝@渋谷 辛つけそば(つけ汁)
つけそば(つけ汁)         辛つけそば(つけ汁)

武骨外伝@渋谷 つけそば(麺)
つけそば(麺)

武骨外伝@渋谷 かけそば700武骨外伝@渋谷 辛かけそば750
かけそば700           辛かけそば750

11/28
試食会に行ってきました。
まず食べさせていただいたのが「肉餡かけ温玉つけそば1000」。国産小麦使用の特注の太ストレート麺。その上には水菜と酢豚を意識したという甘酸っぱい肉塊。そして温泉玉子。餡・温玉を混ぜればこれだけで美味しい和え麺の出来上がりなのだが、更に待ち受けるのが魚香溢れる芳醇なつけ汁。武骨@御徒町のつけ汁をイメージしていると濁り具合が極端に少ない印象だが、表面にはイリコ油がかぶせられ香ばしいながら甘みの強いつけ汁に仕上がる。熟成を抑えたという麺は小麦の風味が心地よく、ツルツルとし過ぎずスープを適度に吸い込む。

お次は「辛つけそば」。八丁味噌、コチュ醤、一味などを使用したというつけ汁は見た目に反してこれまた甘めの印象。もちろん辛くもあるのだが、それにも増して甘みが目立つ。周囲からは「何故?」と聞こえてきそうな甘さなのだが自分的にはこの味に賛成。好みの問題ももちろんあるだろうが、つけ麺に関しては人気店のリサーチをすればするほど甘みの強いお店が挙がってくる。わかりやすいインパクト。舌に残る強い味が必要なのだと思う。

武蔵の看板を背負い、はずせない出店だからこそ綿密な計画のもとの味作り。今回の味は決して奇をてらったものではなく、ある意味人気つけ麺店の王道をいく味になる。
「外伝」を屋号に掲げ武蔵の縛りがない試みをということで、「温玉肉餡かけ」のようなチャレンジを。そしてその根幹を成すのが今回の「つけそば」であり「辛つけそば」の味。まだ試食会ということで微調整は入ると思いますが、コンセプトははっきりと決まっているようなので武蔵らしいサプライズがありつつも堅実な一杯を期待したいと思います。

住/東京都渋谷区道玄坂2-8-5
電/03-3780-8634



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
麺屋武蔵 武骨外伝@渋谷 新店(12/4オープン予定) ラーメンマンの食べ歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる