アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「埼玉県」のブログ記事

みんなの「埼玉県」ブログ


純・すみ系の新店『麺処 慶』上尾にオープン!!

2010/03/18 23:24
画像
     みそラーメン 750
画像
     正油ラーメン 750
画像

画像

画像

上尾に純・すみ系のラーメン店がオープンしたと聞き、早速訪問。店主は高田馬場『純連』にて修行を積んだ経歴の持ち主で、習ったことをそのままではなく、自分らしさを加え提供したいという気概の持ち主。

提供されるラーメンは、熱々のラードが表面を覆おう一般的なこの系統とは違い、濃厚な動物系スープとラードが撹拌する重厚タイプ。焼きの入った香ばしい香りと山椒のアクセントは健在。豚骨の他、野菜を溶かし込むベジポタの要素も見受けられ、夜営業時にはさらに濃度を上げ提供するそうだ。麺は『丸富製麺』の卵麺14番。すごいラーメン店ができた。2010年2月オープン。

住/埼玉県上尾市小泉69-8
営/11:00〜15:00/18:00〜21:00
休/毎週 水
駐/2台
記事へナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 1 / コメント 0


青森物産展@上熊谷(八木橋百貨店)に『長尾中華そば』出店中!『福は内@熊谷』とセットで!!

2009/04/08 15:43
画像
     ごぐにぼ(にぼ系最上級)
画像
     青森県大鰐産シャモロックラーメン(鶏うま!!)
画像

画像


 津軽煮干中華の雄『長尾中華そば』が、浅草松屋に続き埼玉に出店中!!
 『俺の空@高田馬場』出身、話題の新店『福は内』とセットで是非足をお運びください。

住/埼玉県熊谷市仲町74
  八木橋百貨店 7F催事場

期間/4月8日(水)〜14日(火) 7日間
   10時30分〜19時(最終日は14時30分終了)


『福は内@熊谷』
画像
     つけめん700
画像
     らーめん750
画像

画像


 熊谷駅からバス20分、ほぼ群馬県との県境にすごいラーメン店ができた。屋号は『福は内』。東京の超有名店『俺の空』出身で、大宮『狼煙』や半蔵門『IBUKI』と元同僚になる。スープはその流れを意識しつつも、熊谷の名産「大和芋」を溶かしこんだ重厚な豚骨スープ。さらに麺にも大和芋を練り込むというから驚きだ。麺自体に若干の塩味を帯びた風味の強い味わいで、粘着性もありモチッとした独特の食感を導き出す。単調な魚介豚骨味に食傷気味だったが、こちらのラーメンはその範疇を越えたすばらしい一杯だった。

住/埼玉県熊谷市弥藤吾720
電/080-3581-0519
営/11:30〜15:00/17:00〜22:00(売り切れ次第終了)
休/毎週 火
交/JR熊谷駅より朝日バス妻沼バイパス経由太田駅行き乗車 道の駅めぬま停より徒歩2分
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


海と大地のらあめん ひろや@北浦和 新店(8/6オープン)

2008/10/15 10:49
画像
     ひろやらあめん750
画像

画像

画像


 今年の8月にオープンした新店。人気店、「初代・二代目けいすけ」の店主けいすけ氏の友人が開いたということで話題のこちらへ。幼い頃経験した「鍋」の味が忘れられず、様々な魚介系食材を投入した海鮮鍋ラーメン。中でも特筆すべきは「渡りガニ」の使用。カニという高級食材の使用は、観光地ラーメンなどにみられる安易な構成になりがちだが、こちらのそれは別格。スープ・香味油とふんだんにカニを使用し、業界にありそうでなかった特有の旨味を演出。さらに、甘エビ・ホタテ貝柱などで補強する贅沢な風味。地鶏のガラやゲンコツなど、根幹のスープをしっかりとった腰の強い1杯を提供している。
 異食材の使用に必要なのはラーメン以外の調理技術と入手ルート。様々な飲食畑を渡り歩いた経験豊富な店主だからできるオリジナルのラーメン。また、ラーメンのステータス性が高まり、1杯の価格が上昇した今だからこそ手の出せる高級食材。鮮魚や貝などラーメンのボーダレス化に伴い、島国日本人が愛してやまない「海鮮系」のラーメンが発展するのは当然なのかもしれない。

住/埼玉県さいたま市中央区新中里2-1-10
電/048-822-0439
営/11:00-04:00(早朝)
休/無休
駐/3台
交/JR南与野駅より徒歩4分
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


ラーメンボンバイエ 燃えよ!!ヒバゴン@東大宮 新店(7月オープン)

2008/08/28 20:12
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


8/28
 『最新ラーメンの本Vol.3』の原稿に追われ、ご無沙汰しておりました。10/6発売になりますので、興味のある方はご購入いただければと思います。ちなみに、今回の対談はラーメンの王、2人をお呼びしてます。
 
 チーズラーメンコラボの件も成功し、協力いただいた店主様、スタッフの皆様、また足を運んでいただいた多数のお客様、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。おかげさまで、各所からご好評をいただき、企画の手ごたえを感じています。また機会がありましたら、おもしろい企画を考えていますので、よろしくお願いします。

久々の食べ歩記

某製麺所の社長から、東大宮に面白いラーメン店ができたと聞き、早速訪問。

看板には「ボンバイエ」、屋号には未確認生物「ヒバゴン」の文字。そして、アルミトタンで小奇麗にまとめられた外観。とてもラーメン店の雰囲気ではないこちらのお店だが、ラーメンはといえば結構なクオリティに仕上がっている。

ヒバゴンラーメンは、豚・鶏・野菜が1:1:1の割合で配合される濃厚スープ。野菜の甘みが動物系の荒っぽさを程よくマスキングするまろやかな食感。庄内浜シオラーメンは、ヒバゴンラーメンの対極を行く淡麗系。丸鶏を軸に青森の焼干しや日高昆布を使用するキレのある味わい。庄内と銘打つのは庄内浜の天然塩を使用することから。店長の妹がパティシエということで、そちらから送られる池田プリンも卵味濃厚な逸品。あまり市場に出回らない「那須御養卵」を使用しているとのこと。

店長を務めるのは、自身のブランドを持つアパレルクリエイター。もともと美容師だったという経験もあり創作センスが備わっているのだろう。『ジャンクガレッジ』の進出や、『浜とし』、『壱兆』、『秀虎』など激戦区の様相を帯びてきた東大宮駅に、またも新鋭の参戦だ。

住/埼玉県さいたま市見沼区東大宮4−12−22
電/048−663−9830
営/11:30〜15:00 18:00〜23:00
休/水曜
交/JR東大宮駅より徒歩6分


記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


六文銭@宮原(移転) 中華そば

2007/06/25 23:57
画像
     中華そば630
画像

画像

画像

6/16
 「大勝軒@東池袋」出身という情報を聞きこちらへ。
以前から気になっていたのはそのビジュアル。東池袋系にしてまったりと濁った濃厚なスープ。表面に油を浮かべるわけでもなくうまい具合に攪拌された粘度のあるタイプ。魚介香を包み込むような動物系の甘み。そしてこの系統特有のモチモチ麺。これは美味いですねぇ。大宮駅から一駅進むのですが、宮原の駅からは徒歩2分くらいなので気軽に立ち寄れます。
 また今までは昼のみ営業の日曜休みと敷居が高かったお店ですが、7/6から夜営業も始めるそうなので今まで尻込んでいた方にもオススメです。

住/埼玉県さいたま市北区宮原町3-262(旧)
電/048-653-3635
営/11:00〜21:00(7/6〜)
休/日曜、祝日
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


麺座 でんannex@草加 新店(5/18オープン) つけめん

2007/06/18 00:26
画像
画像
     つけめん750
画像

6/17
 埼玉方面の新店を追いかけこちらへ。
 ラーメン店主養成講座「寺小屋」の出身「麺座でん@南越谷」のネクストブランド。南越谷店との違いはつけめんの「平打ち麺」と「あっさりラーメン」と聞き、早速つけめんを。提供された麺はさすがに太い。というか「嘉夢蔵@みのり台」のようにこの域は太平麺と表現すればいいのだろうか。モチモチとは対称的な力強い噛み応えで、一般に言う中華麺とはかけ離れたタイプ。そしてかん水の存在を忘れさせる小麦のいい風味。自分で打つときの生パスタの食感に似ている。そしてどこかで見たことがあると思ったら、「ジャンクガレッジ@大崎」や「はじめ@千駄ヶ谷」の麺にそっくり。聞いてみると浅草開化楼の特注麺だという。この麺だとイタリアンでもエスニックでもいろいろとアレンジできそう。とりあえずつけめんを見て、濃厚な魚介豚骨のつけ汁も含めこの類のお店は少しマスコミに露出すれば流行りそうです。

住/埼玉県草加市中央2-7-12
電/048-927-7744
営/11:30-15:00 18:00-22:00
休/水曜
メ/らーめん650 つけめん750
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


幸楊@西浦和

2006/10/22 23:22
幸楊トーフ幸楊外観
トーフラーメン 600

10/23
次念序の帰りにこちらへ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


黒潮らーめん 宝船@浦和 新店

2006/10/22 23:21
宝船らーめん宝船外観



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


次念序@北鴻巣

2006/10/22 23:21
次念序麺次念序麺
つけ麺 750

次念序外観

10/22
言わずと知れた大崎の超人気店「六厘舎」出身のお店。六厘舎と言えば濃厚魚粉豚骨×浅草開化楼のゴワゴワ麺。なのだが、こちらのお店は土地柄を考慮してかオリジナリティを加えた一杯を提供する。特筆すべきは麺。見た目こそ修行先のそれに似ているものの、自家製し昆布粉を練り込んだというその食感はしっかり差別化され、旨味となめらかさの加わったクオリティの高いものに仕上がっている。ワシワシと食べられる開化楼インスパイア?の極太麺。客入りから見てもこの界隈でも人気を得ているようです。

住/埼玉県鴻巣市寺谷146-1 鴻巣フラワーセンター パンジーハウス敷地内   
電/048-597-1114
営/11:00-材料切れ終了(17時くらい) 
休/火曜
メ/中華そば650 つけ麺750 あつもり750 辛つけ800



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4


嶋田屋@北越谷

2006/08/07 13:29
嶋田屋嶋田屋

8/5
首都圏で唯一?十文字ラーメンを提供するお店。ご主人は秋田県十文字町の出身で、十文字ラーメン御三家の一つ「丸竹食堂」の息子さんと同級生。以前から趣味で全国のラーメンを食べ歩いていたのもあり開業を決意。丸竹食堂にいろいろと教えてもらったのだという。
スープは十文字のものより、魚介を抑えた食べやすい印象。麺も十文字の製麺所から送ってもらう特注麺。麩が入るあたりが東北のラーメンを連想させる。
更に、最近合併した横手市の名物「横手やきそば」もメニューに掲げ、地場産品をPR。秋田の文化を首都圏に伝える、アンテナショップ的役割を果たすラーメン店になる。

住/埼玉県北葛飾郡松伏町松葉1-4-7  電/048-991-1904
営/11:00-23:00  
休/水曜
メ/十文字中華そば500 十文字ざる中華500 特製みそラーメン700



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1


タイトル 日 時
麺屋 番@川口
 麺屋 番@川口 8/5 6/2にオープンした中村屋出身のお店。この日はらーめん(醤油)を注文。そして鶏油がトッピング0円となっていたので、そちらも追加。スープは確かに中村屋を感じさせるやさしい味。それに揚げニンニクが入りアクセントが加わる。麺は中村屋のものより、光沢のある細ストレートで舌触り滑らか。チャーシューは炭火で炙られ、香ばしくジューシー。中村屋出身の名に恥じない美味しいラーメンでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/06 23:44
必勝軒@津田沼
 必勝軒@津田沼 8/4 「東池袋大勝軒」「永福町大勝軒」の大御所2軒で修行したという、凄い経歴のお店。味はどちらかと言えば東池袋系。しかし魚粉が入る濃厚スープは明らかにオリジナルのもの。麺は白さが目立ち大勝軒系にしては細め?かん水が少ないのか、寝かしてないのかどちらにしろ胃には良さそう。千葉四天王とも称されたお店の実力を久々に拝見しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/08/04 18:11
娘々@北浦和
 娘々@北浦和 8/4 埼玉の一部に広がる「スタミナラーメン」の文化。こちらの北浦和のお店を本店に主に「娘々」の屋号を掲げるお店で提供されます。黒豚ガラや地鶏・日高昆布といった、国内産の食材にこだわる清湯スープに、ニラ・挽肉・もやしのあんかけ。辛味の効いた旨味はアップテンポで箸を進めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/04 17:49

トップへ | みんなの「埼玉県」ブログ

ラーメンマンの食べ歩き 埼玉県のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる