アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「東京都江東区」のブログ記事

みんなの「東京都江東区」ブログ


ラーメン専門 三代目 月見軒@南砂町 新店(10/9オープン)

2008/10/10 17:56
画像
     味噌ラーメン800
画像

画像

画像


 10/9、南砂町にオープンしたショッピングセンター「SUNAMO」のフードコート内に、札幌指折りの老舗「月見軒」(昭和33年創業)が東京初進出。午後2時過ぎの到着だったが、施設は大混雑で、「月見軒」にも10人強の行列。札幌で醤油ラーメンを食べているので、こちらでは味噌ラーメンを注文。味噌ダレに野菜や果物など30種を加えたというスープは甘味とスパイスが行き来する特有の味わい。札幌らしく、適度なラードがこってり感を演出する。麺は多加水の熟成でプリプリのツルツル。老舗の看板にあぐらをかかない札幌味噌ラーメンお醍醐味を堪能できる。

※2006.4.26 月見軒@札幌 はこちら

月見軒HP http://www.tsukimiken.com/

住/東京都江東区新砂3-4-31 南砂町ショッピングセンターSUNAMO 4F
電/03-5677-0677
営/10:00〜21:00
休/不定休 (SUNAMOに準ずる)
駐/有 1350台(共有)
交/地下鉄東西線南砂町駅 東口3番出口 徒歩5分

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1


韓麺(HANMEN)1.0@東陽町 (新店10/6オープン)

2007/10/09 02:16
画像
     特製つけ麺800
甘味が強く、辛味・酸味は抑え目。魚介が効いたタイプで、油分も程よく麺に絡み食べ易い。

画像
     辛辛つけ韓麺800
粉唐辛子が強く効いた韓国料理「カムジャタン」をベースに作ったと思われるつけ汁。かなりの辛さだが、食べ進むと奥に潜む甘みが箸を進める。

画像


画像
     雪濃塩HAN麺750
名前からも分るとおり、牛の様々な部位を煮込んで白濁させる韓国料理「ソルロンタン」から作ったメニュー。豚・鶏とは違う、クリーミーかつ濃厚なスープを堪能できる。

画像
     辛辛坦々麺750
「カムジャタン」に坦々麺必須の「芝麻醤」を加えたメニュー。激辛な粉唐辛子を、胡麻味がうまい具合に緩和し、コクを加えている。これは美味い!

画像
     テンジャン味噌HAN麺750
「テンジャン」とは韓国の伝統的な豆味噌。甘みの強い独特な味噌ラーメン。

画像


10/5
 試食会で東陽町イースト21に出来たこちらへ。
チェーン展開する焼肉「からし亭」グループ初のラーメン業態。

これだけ韓流が騒がれているなかで、ようやくのラーメン業界への参入。韓国料理と言えば鶏白湯の「サムゲタン」や牛白湯の「ソルロンタン」、また豚辛湯の「カムジャタン」など既にラーメンに共通するスープが数多くある。ならば、それに中華麺を合わせれば言わずもがな韓流ラーメンの出来上がりである。

まだまだ濃厚こってりが好まれるラーメン業界。韓流のスープが受け入れられる要素は十分に見受けられます。

住/東京都江東区東陽6-3-2 イーストタワー モール内
電/03-5632-5596
営/11:00-22:00
休/なし(年末年始)
交/地下鉄東陽町駅より徒歩9分
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


麺や 璃宮@錦糸町 新店

2007/03/15 23:00
画像
     つけめん750
画像

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2


多麺多@亀戸

2007/02/14 23:46
画像
     夜のつけめん900
画像

画像

2/14
 雨が強く、家の近くかつ駅近のお店を検索するとこちらのお店がヒット。亀戸駅東口徒歩30秒。しかも屋根伝いなので雨には濡れず。
 未食で「みのめんた@王子」と共通の「夜のつけめん」を注文。一言で言うならば野菜味噌つけめん。甘・辛・酸系の味噌つけ汁にもやし、キャベツ、ニラ、そしてたっぷりのチャーシューが入るかなりのボリューム。油は比較的少なめで濃度的にも普通に飲める。そして特徴的な平打ちの自家製麺。ジャンク感が強いものの、クセになる味わいは相変わらずでした。

住/東京都江東区亀戸6-62-8 
電/03-5609-4433
営/11:00-24:30(スープ無くなり次第終了) 
休/しばらく無し
メ/つけ麺680 ゴマつけ麺680 夜だけつけ麺900 味噌ラーメン680

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


達人@西葛西 新店

2006/12/04 23:53
達人@西葛西 つけ麺達人@西葛西 外観
つけ麺(醤油) 650

12/3
まわりの評判がいいので、結構な冷え込みの中バイクで訪問。
入店すると噂通りの製麺機が右手にお出迎え。否が応にも期待が高まる。大きな楕円の皿に麺がきれいに並べられる。しかも食べやすいように小分けの状態。麺の種類で言えば、中太加水抑え目の流行の麺とは異なるタイプ。中休みに麺を作っていたので打ちたてを使用するのかも。その分小麦の風味が心地よくスープの吸いがいい。
つけ汁は甘辛酸のいわゆる、大勝軒系のものではなく、魚介含め様々な素材が調和する独特のもの。揚げネギ、岩海苔が若干の個性をプラスし、油感は少ないものの幹の太いしっかりとした味を堪能できる。今回は店主お勧めということで醤油を食べたのですが、自分的にはこちらのスープならば「塩」も面白いと思うので、次回は是非そちらにチャレンジしたいと思います。

住/東京都江戸川区西葛西6-25-6
営/11:30-14:00、17:30-22:00、土日祝11:30-20:00  
休/月曜、第3火曜
メ/らぁめん650 醤油つけめん650 塩つけ麺650



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


多麺多@亀戸 新店

2006/11/25 22:48

多麺多@亀戸 つけ麺680.jpg多麺多@亀戸 外観.jpg
つけ麺 680

11/25
11/5オープンの新店。
甘・辛で酸味の強い特徴的なスープ。動物系・魚介系ともに荒々しく効かせた豪快なつけ汁。麺は多加水のやや平打ち。やはり「みのめんた@王子」に似てますねぇ。丼も一緒かな?たまらず聞いてみると最初は「知らない」と言っていたものの、話をしていると「実は。。。」。みのめんたと同じ味で提供しているとのことです(詳細は聞けず)。駅前の立地ですし、城東地区や千葉方面の方には重宝しそうですね。

住/東京都江東区亀戸6-62-8 
電/03-5609-4433
営/11:00-24:30(スープ無くなり次第終了) 
休/しばらく無し
メ/つけ麺680 ゴマつけ麺680 夜だけつけ麺900 味噌ラーメン680



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


杏屋@東陽町

2006/09/12 23:52
あんずやあんずや

9/11
たけひこさんにお話を聞きこちらへ。
鶏ガラと丸鶏をじっくり煮込んだ純正の鶏白湯ラーメンのようで、濃度はさほど高くなくサラッとした舌触り。矢辺製麺の中太平打麺も噛み応えがよく○。チャーシューは炙られていて焼き目がつきます。動物系濃厚なラーメンで有名な某店出身らしく、方向性を違えどもそのクオリティは受け継がれているように思えます。

住/東京都江東区東陽4-9-3
電/03-3645-1128
営/11:30-14:30、17:00-23時頃  
休/日曜
メニュー: 白湯ラーメン650 白湯ねぎラーメン750 白湯のりラーメン750 白湯キムチラーメン850 白湯チャーシューメン850



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


吉左右@新木場

2006/04/17 00:22
吉左右外観吉左右らーめん

11:30頃着いて5人待ち。女性スタッフは噂通りの美人な方。店主の奥さん?丁寧な接客で好感が持てます。スープは濃度の高い動物系のものに魚介を合わせるダブルスープ。若干の辛みが味を引き締めます。そして大勝軒風な自家製のモチモチ麺。一つ一つの作業をしっかりとこなした感じのラーメンで、ハイレベルな味に仕上がってます。お勧めの一軒です。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「東京都江東区」ブログ

ラーメンマンの食べ歩き 東京都江東区のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる