アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「神奈川県」のブログ記事

みんなの「神奈川県」ブログ


麺丸@鶴見 限定ベジポタラーメンスタート!!

2009/10/21 17:55
画像

メニュー名
ベジ塩つけ麺 850円(1日5食)
提供期間
10/15〜11/12
説明
あさりの旨味が映える塩ラーメンが人気の鶴見『麺丸』が、ベジポタコラボに堂々参戦。使用する野菜はジャガイモ・タマネギといったベジポタ定番食材に、やわらかい酸味が心地よいトマトを投入。動物系の清湯でしっかり煮込み味をなじませた野菜ペーストを、さらに裏ごしするなめらかな舌触り。そして、煮干を加えた自慢の塩ダレを合わせ、味の輪郭を調える。具材には炭火で炙られたエリンギとアスパラが飾られ、洋の世界を演出。不規則にうねる『三河屋製麺』の極太麺を特製ポタージュがコーティングし、濃厚な旨味の中に力強い食感を堪能できる。

その他、ベジポタカップ麺プロジェクト協力店はこちら

住/神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央3-4-14
電/045-521-2326
営/11:30〜22:30(日、月11:30〜20:00)
休/毎週 火
記事へ面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0


ラーメンの駅@新横浜(ラーメン博物館) 新店(4/16オープン)

2009/04/29 00:44
画像
     味噌らーめん900
画像

画像

画像


「お客さんから逃げる店をラー博が捕まえた!!」という大胆なキャッチで今月ラーメン博物館にオープンした、現『純連』『すみれ』両店主の母のお店。『純連』『すみれ』を息子に任せ、こちらのお店を札幌で営業していたのだが、2004年区画整理のため閉店。5年ぶりの復活となった。ポイントは生の白味噌だというが、鍋に大量のラードをしき、熱々に焼かれたスープは色濃く着色される。ショウガ・ニンニク・山椒の香りが一体となり、純・すみ系ならではの力強い味噌味を演出。純・すみを濃化させつつも、バランスを保ったさすがのラーメンを堪能した。

住/神奈川県横浜市港北区新横浜2ー14ー21
電/045-471-0503
営/11:00〜23:00(入場は22:00まで)土・日・祝は10:30に開館
ラストオーダーは22:05(スープ切れ等の理由で早く閉まる場合もあり)
ラーメン店の営業時間は予告なしに変更する場合あり
休/無休
交/JR新横浜駅より徒歩5分
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


仁鍛@白楽(神奈川) 新店(4/11オープン)

2008/04/16 00:39
画像
画像
     つけめん800
画像

画像


4/13
 六厘舎、次念序、東池袋大勝軒というビッグネームで経験をし、満を持して独立オープンさせた期待のラーメン店。
 という肩書きはさておき、個人的にもこちらの店主栗山氏には思い入れがある。2007年3月、東池袋大勝軒最後の日、明け方から7時間半並んだ末、ようやくたどり着いたのが栗山氏が作る特製もりそばだった。以前、縁あって話す機会があり、ラーメン店をやりたいと語ってくれた時の熱には、自分もいろいろな意味で刺激された。
 味については他のネット情報に流れている通り。しっかりとったスープに目の粗い節粉や、粗挽き胡椒のインパクト。香ばしささえ感じる独特の自家製麺は、その形状から抜群の食感を演出。油脂感、味の強さの好みはあるだろうが、一般に若者と呼ばれる世代には、欲する味のど真ん中を提供してくれるはず。
 好立地とは言い難い場所ではあるが、持ち前のパワーで頑張っていただきたい。

住/神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29
電/045-421-0537
営/11:30〜20:00
休/火曜
※営業時間と定休日については変更の可能性あり
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 7


くまもとらーめん ブッダガヤ@小田原

2007/05/29 16:07
画像
     くまもとらーめん600
画像

画像

画像

5/19
 なんつッ亭に用事があったので、ついでに小田原近辺の宿題店を。
 こちらのお店は「桂花」の出身。と言っても、30年以上前とのことで、キャベツがのっている以外は桂花のおもかげはなし。そして特徴はと言えばスープの濃度。自分が今まで経験した熊本ラーメンの中でも群を抜く粘度。香味油などによるものではなく、博多・久留米系の髄からくるものを感じる。更にマー油。「好来」さながらの丼自体を覆う多量の黒み。このスープにしてこのマー油。豚骨の旨味とがっぷり四つを組み、未体験の一杯を演出。
 取材拒否店らしく、メディアで目にする機会は少ないですが、こっち系好きにはたまらないお店だと思います。

住/神奈川県小田原市栄町3-14-14
電/0465-23-4003
営/11:30-14:00 17:00-22:00
  土・日・祝11:30-21:00
休/月曜
メ/くまもとらーめん600 高菜ラーメン650
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


中華 三陽@桜木町 チンチン麺・ボーボー麺

2007/05/14 23:54
画像
     チンチン麺700
画像
     ボーボー麺800
画像
     ネギトリ600
画像
     ネギイタメ500
画像
     餃子(2人前)800
画像

画像

5/13
 横浜に用事があって、帰り際にこちらへ。
噂には聞いていたもののここはすごいですねぇ。
まずお店のビジュアル。黄色いテントに毛沢東や楊貴妃、周恩来など名だたる中国の偉人が名を連ね、5坪ほどの店内には10人以上の客が身を寄せ合う。外から見ると一見満席のような混雑ぶりなのだが、スタッフに尋ねると奥へと案内される。指定されたのは「ロイヤルボックス」と呼ばれる定員2名の至極狭いテーブル席。一人当たりの占有面積がとてつもなく狭く、人が行き交う度に体がぶつかる。しかし、そんな中でも皆嫌な顔一つせず笑顔で思い思いの時間を過ごす。「酒」も一つの要因だと思うがお店全体の一体感は、現況に反して悪くない。

席に座る前に厨房から「ビールに餃子、××、○○でいいね!」との声が。とりあえず「はい!」と返事。ラーメン店数あれともお店側からメニューを決められたのは初めて。
そして追加で

楊貴妃も腰を抜かすギャルのアイドル「チンチン麺」(塩味)
男のロマン「ボーボー麺」(カレー味)

を注文。

チンチン麺は一言で言うとニンニクラーメン。濃厚なタンメンにニンニクをかつてないほどに効かせた刺激的な一杯。ボーボー麺は比較的食べ易いサラッとした食べ口のカレーラーメン。麺は共通して多加水熟成のストレート麺で柔らかく茹でられている。

結論、いろんな意味で再訪必至の魅力的なお店でした。

中華三陽HP
http://sanyou.hp.infoseek.co.jp/

住/神奈川県横浜市中区野毛町1-38
電/045-231-0943
営/11:00-24:00、11:00-23:00日祝日 
休/不定休、12月31日〜1月2日は休み
記事へナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 0


らぁ麺トラットリア due Italian@川崎 限定メニュー

2007/03/11 23:57
画像
     白いらぁ麺980
画像

画像

画像

画像

3/9
 ガチンコラーメン道出身の石塚シェフのお店。
こちらはすばらしいですねぇ。ラ チッタデッラという非日常な空間での非日常なラーメン。真っ白いビジュアルに期待を裏切らないクリーミーかつコクのあるスープ。丁寧に抽出された上品なスープに生クリーム。美味くないわけがない。別盛の生ハムも味を邪魔せず、加えることにより適度な塩分をプラス。他自慢の料理を堪能しつつ〆の一杯として最高の一杯でした。

住/川崎市川崎区小川町4-3 ラ チッタデッラ マジョーレ棟
電/044-246-0838
営/11:00-16:00 17:00-23:00
休/無し
メ/支那そば(塩)780 塩イタリア麺780 森羅万象柿酢つけ麺850 らぁ麺コース1800
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ラーメン二郎@武蔵小杉

2006/12/15 23:53
二郎@武蔵小杉 らーめん550二郎@武蔵小杉 外観
らーめん 550

12/14
大学以来の小杉二郎。あいかわらず二郎の中ではトップレベルの淡白味。乳化せず微量の背脂が浮かぶカネシ醤油スープ。麺はモチモチとした食感で、やはり柔らかめ。チャーシューはバラ肉の厚切りで特有の醤油味は付着せず。感想、相変わらずのやさしめ二郎でした。

住/神奈川県川崎市中原区上丸子山王町1
営/11:15-14:00、17:00-21:00  
休/火曜日
メ/ラーメン550 ブタ入り650 小ブタダブル750 ラーメン(大)650 大ブタ750 大ブタダブル850 ビール500 味付け卵50



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4


蓮爾@向丘遊園

2006/10/21 11:56
蓮爾つけ蓮爾小ラーメン

蓮爾外観



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


らー麺 トラットリア Due Italian@川崎

2006/10/14 23:50
トラットリア外観トラットリア
塩らぁ麺 イタリア麺 780

10/10
石神さんの本を見て早速こちらへ。
ガチンコラーメン道出身店で、最近まで「ラーメン道」を屋号に冠していたのだが、表題の通り変更。イタリアンとラーメン、両方を楽しめるお店になった。イタリアンということでなんとなくあっさりなラーメンを想像していたのですが、結構油感のあるこってり味。しかし、鶏油ということもありくどさはない。佐野さんも得意なデュラム粉使用のイタリア麺はツルツルのシコシコで、既存にないおもしろい食感。
やはりガチンコを勝ち抜いただけあり、センスの良さが伺える美味しいラーメンでした。

住/神奈川県川崎市川崎区小川町4-1 マッジョーレ2F   
電/044-246-0838
営/11:00-23:00(スープ切れ終了)  
休/無休
メ/支那そば醤油750  森羅万象柿酢つけ麺850



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


横濱元町 本丸亭@元町

2006/09/27 23:52
本丸亭本丸亭
鶏塩らーめん 850

9/26
みなとみらいに用事があり、その前に職場の仲間と一緒にこちらへ。
いつ来ても横浜の元町はいい所ですね〜。活気あふれる商店街から少し坂を上れば絶景の住宅街。人気の秘密がうかがえます。
そしてその坂の途中にこちらのお店があります。本厚木に本店を持ち、そのメディア進出度からも首都圏随一ともいえる塩ラーメン。丸鶏・アゴからとられた和風スープは魚介が表に出過ぎず、動物系の軸が通るしっかりした味わい。本厚木と比べても遜色ないのでは?青竹で打つという佐野風の麺も細・太入り混じる斬新な食感で更にもちもち。平日の昼ということも幸いして並ばずに食べることができました。

住/神奈川県横浜市中区元町1-42   
電/045-663-3368
営/11:00-15:00、17:00-21:00、土日11:00-20:00頃まで(売り切れ終了) 
休/月曜、第2火曜
メ/鶏塩らーめん850 かけ塩らー麺630 元町一口餃子420



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


タイトル 日 時
マンモスラーメン ポクポクポクチン@日吉
 マンモスラーメン ポクポクポクチン@日吉 9/15 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/16 18:26
吉村家@横浜
 吉村家@横浜 8/29 言わずと知れた(フリークには)家系総本山のお店。平日12時前に到着し10人待ち。相変わらずの繁盛ぶりに感服する。学生時代からよく通ったお店なのですが今回は久しぶりの訪問。そして見慣れないポスターを発見。そこには「無添加ヤマサ醤油」の文字。へえ〜と思いましたが、家系風を作るときの参考になりますね。 そしてこちらのチャーシュー。燻煙された心地よい香りがスープに溶け込み、平坦な味にアクセントを加えます。相変わらずのアグレッシブな味わいに安心しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/08/29 23:57
支那そば屋 龍(ロン)@綱島
 支那そば屋 龍(ロン)@綱島 8/23 大井埠頭・第8バースにて、トラックを改造した屋台でラーメンを提供していた人気店が5/27に横浜市港北区にお店をオープン。豚足を主原料とし煮干・昆布と共に圧力釜で一気に煮出すスープは力強くも懐かしい味。麺も多めで大ぶりの肩ロースチャーシュー2枚、ゆで玉子1個が入り満腹感を誘う。流行の技法は微塵も見られないオールドスタイルの味ながら、頑固親父が作る渾身の一杯は原点回帰させられる味わいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/08/24 11:55
マンモスラーメンポクポクポクチン!!!@日吉
 マンモスラーメンポクポクポクチン!!!@日吉 8/7 最近ブログも好調な意欲店のこちらへ。今回は「つけポクポク」(つけ麺)を注文。まず、標準で350gの麺のみが提供される。肉の旨味を移したという業界初?の「肉油」が絡められた麺はさっぱりした油そばといった印象で塩をかけてそのままでもイケる。そしてつけ汁。この器がまたユニーク。岩を模したようなゴツゴツのもので、器に負けず劣らずの香ばしい動物系濃厚なスープが注がれる。 パンチのあるスープに、豪快な極太麺、更に肉魁とも呼べるゴロゴロとしたチャーシュー。らしさのでたアミューズメン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/08/08 11:30
ラーメン二郎@関内
 ラーメン二郎@関内 7/30 隅田川花火大会の酒が残り、正午起床。フットサルの疲れもありかなり体が重い。ですが、やはり二郎のインパクトを求めこちらへ行って来ました。 ラーメンにプラスして「汁なし80円」と「チーズ80円」を追加。汁なしと言っても、丼の半分くらいまで濃い目のスープが入り、油そばとの中間といった感じ。野菜の下にスライスされたチーズが隠れ、上には卵黄がのります。卵・チーズ・ニンニク・黒コショウと組み合わせがカルボナーラ風二郎を演出します。温度が低い分非常に食べやすく、苦戦することなく完食できま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/30 23:55
なんつッ亭@渋沢
 なんつッ亭@渋沢 午前3時前後に到着、先客を数えるに7名。内4名が、かぼさん、マッハさん、Hidekiさん、ましゅうさんという面識のある方々。彼らは日付が変わる前に到着していたそうです。というわけでなんとか射程圏内に納まり、夜を明かすための必需品「酒」を求めコンビニに走りました。夜通しラーメン談義に付き合っていただいた上記の方々にはホント感謝です。 11時半オープン、早速「塩とんこつらーめん1」を注文。持ち前の豚骨濃厚なスープはホタテ・岩塩の丸みがありつつもしっかりとした塩分を携える。それに鶏油... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/01 23:59
本丸亭@本厚木
 本丸亭@本厚木 麺や食堂から徒歩2分。およそ30人ほどの行列。朝4時起きしてなんつッ亭の限定にフラれ、連食3軒目と士気も落ちていたのですがそこは根性。1時間半後にようやくこちらの塩にありつきました。言わずと知れた本丸亭の塩。丸鶏や豚骨から丁寧にスープをとればこのようになるんだと納得させられる一杯でした。佐野から取り寄せるという青竹打ち麺は少し柔らかめ。もう少し硬くてもいいかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/26 23:31
麺や 食堂@本厚木
 麺や 食堂@本厚木 町田・相模原地区を中心とした9軒の「夏の麺」をテーマにしたコラボラーメン。 今回はこちらの「ゴマと玄米の塩そば」を食べてきました。 スープはあっさり魚介で具材を引き立たせたもの。麺は独特の食感の細ストレート自家製麺。温泉玉子と桜海老含む揚げ物の食感のギャップもメリハリがつく。ソルティードッグのようなスノースタイルならぬゴマスタイルもおもしろい。工夫された一杯に感心しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/26 19:18
なんつッ亭@渋沢
 なんつッ亭@渋沢 もちろん限定狙い。 朝七時着。努力は報われませんでした。 なので普通にらーめんを注文。新しい店舗になってからは初らーめん。相変わらずの豚骨濃厚なスープにほろ苦いマー油。素直に美味かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/25 10:59
くじら軒@センター北
 くじら軒@センター北 私があっさり系醤油ラーメンにはまったきっかけとも言えるお店。大学時代たまプラーザに住んでいたこともありよく通いました。当時は開店30分前に着いても20人待ちとかは当たり前、軒先にある漫画本にはお世話になりました。 この日は夜9時過ぎに到着し、並ばずに入店。そしてラーメンを注文。ん?ゆで卵の輪切りがのってませんね。まあそれはさておき、以前より塩分は強く感じられるものの、しっかりしたくじら軒の味を堪能できました。支店がたくさん出来て食べやすくはなったのはいいのですが、味のクオリティは保って... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/15 00:52
龍上海@新横浜(ラー博)
 龍上海@新横浜(ラー博) 「味噌ラーメン」においてもう一つの源流、山形赤湯に本店を構える「龍上海」(ラ博)に行ってきました。22時着で5人待ち。メインの赤湯からみそらーめんを注文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/15 00:51
まつき@中目黒、麺場 浜虎@横浜
 まつき@中目黒、麺場 浜虎@横浜 夜飯は浜虎。鉄管が張られ、工事現場のような内観の店内。つなぎ服を着たスタッフが威勢よく仕事をしている。このいかにもガテン系のお店なんですが、ラーメンはと言えば魚介の効いた醤油スープ。しかし表面にはニンニクの香味油が張られ、特徴ある味を提供している。タレの軸になるのはXO醤。横浜にいながらあえて家系を代表とする豚骨醤油ではなく中華系の味にしたかったのだという。中華と和の融合と言いましょうか、こちらのようなコンセプトのはっきりとしたお店が増えるとますますラーメン界が盛り上がりますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/25 00:23
あびすけ@日吉、カフェアイン@目黒
 あびすけ@日吉、カフェアイン@目黒 日吉にある魚粉系こってりのつけ麺専門店。麺もこのスープに合わせた超極太麺でこのスープにしてこの麺ありといった印象。魚介濃厚ながらとげとげしさがないというか、動物系の粘度の高いスープが魚介をうまくまとめています。私は学生時代こちらの店主がだしていた六角橋の「すっごいよ」というお店に衝撃を受けたのですが、今もなおインパクト系の味に挑戦し続けていることに感動です。次回は是非カレーつけ麺にチャレンジしたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/03/14 01:39

トップへ | みんなの「神奈川県」ブログ

ラーメンマンの食べ歩き 神奈川県のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる