アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「青森県」のブログ記事

みんなの「青森県」ブログ


親友が、青森にラーメン店『Rcamp』をオープン!!

2009/11/30 17:28
画像
     濃厚鶏白湯ラーメン 700円
画像
     ゴーヤチャンプルー
画像
     とうふよう
画像
     メニュー     
画像
     プレミアムモルツ
画像
     レアな泡盛
画像
     ドリンクメニュー
画像


私の親友が、先月青森県弘前市にラーメン店をオープンしました。
『Rcamp』という屋号で、土地柄お酒が飲めて沖縄料理も食べられるラーメンバーという形態で、青森の歌舞伎町とも言われる鍛冶町にある『かだれ横丁』という商業施設内で始めました。

東京のラーメンに開眼し、青森にも東京に負けないこだわりの一杯を、ということで、鶏・煮干・野菜を濃厚に炊き出したラーメンを提供しています。修行先を持たず(旭屋のレシピ本を読み漁ってました)、名店(人気店を数十軒連れてまわりました)を食べ歩き、家にこもり独学で作り上げた渾身のラーメンです。

先日食べましたが、〜系というジャンルにくくられないオリジナルの味わいを確認しました。ひいき目を抜きにして、正直美味しかったです。

麺は東京の人気製麺所『三河屋製麺』から取り寄せる、国産小麦100%のもの。『東池袋大勝軒』よりも1ランク太い16番。スープは贅沢に丸鶏を使用し、結構な量の煮干を入れています。化学調味料は使用していません。

〇東京での経歴
・酒屋での経験があるため、泡盛のセレクトが間違いない。レアなものは奥に隠しています(笑)
・日本橋の沖縄料理店での経験があるため、本場の仕入先を知ってます。
・帝国ホテルでのウェイター経験があるため、本物のサービスが受けられます(たぶん)

まあ、何かとおもしろいお店で、ダイキという店主がいますので気軽に話しかけてください。結構なラーメンマニアなので(笑) 

以上、よろしくお願いします。

住/青森県弘前市百石町2-1(かだれ横丁内)
電/090-4883-7253
営/18:00〜翌2:00(売り切れ次第終了)
休/不定休
オープン日/10月26日
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 9


長尾中華そば@青森 煮干最上級「ごぐにぼ」実食!!

2008/12/03 23:30

画像
     ごぐにぼ750
画像

画像
     土鍋味噌 (山椒が効いたすみれ風。美味い!!※期間限定なので要確認)
画像

画像

画像

画像
     おみやげ 希釈ではないストレートタイプ
画像

 実家の神社でお祭り(収穫感謝祭)があり帰省。「青森ラーメン掲示板」で話題になっていた「長尾中華そば」の煮干最上級「ごぐにぼ」狙いで、青森市ドリームタウンを訪問。出てきたのは脂泡が表面を覆う、重厚感溢れるビジュアル。スープをすすると粘性豊かに凶暴な煮干味が舌に絡み付く。そして凄いのが味のバランス。煮干が強くなればなるほど特有の臭みが前に出るが、こちらのは独自の手法によりそれを軽減。上手い具合に欲する香りのど真ん中を提供してくれる。都内近郊でも煮干味を提供するお店は多々あるが、直接「たかはし@弘前」にインスパイアされた味わいは、一歩抜きん出ている感がある。

住/青森県青森市浜田3-1-1 青森ドリームタウンALi 2F
電/017-739-4423
営/11:00〜LO21:30
休/無休
駐/共同P
HP/http://www.naga-chu.com/index.htm

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 5


中華そば つし馬@浅草 たかはしインスパイア!!

2007/11/20 12:12
画像
     津軽バリ煮干そば 750 15:00〜限定20食  〜12/15
画像

参考
画像
     たかはし@弘前 中華そば
画像
     伊藤@角館 肉そば

11/18
 こちらで『たかはし中華そば@弘前(青森)』のインスパイアを限定(超らーめんナビ)で始めたというので早速訪問。
 確かにいつもと違う濁りスープ。豚骨濃度的には『伊藤@角館』とたかはしの中間位だが、煮干の効き方は明らかに後者より。煮干の暴力的な雑味がいかにもたかはし的で、これは食べ手を選びそう。自分は大好物ですが。麺は通常の中華そばに使用するかん水未使用の『UDON TASTE』。たかはしと異なるものの、これはこれで小麦の風味が心地よい素直な味わいでスープにマッチ。たかはしを知る煮干ジャンキーなら、この上ない喜びを感じること間違いないでしょう。

住/青森県弘前市撫牛子1-3-6
電/0172-34-8348
営/11:00-15:00
  土・日・祝11:00-15:00、17:00-20:00
  いずれも売り切れ終了
休/水曜
交/JR撫牛子駅より徒歩4分
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 3


藪きん@弘前 中華そば

2007/05/07 23:59
画像
     中華そば500
画像

画像

画像

5/5
 昔、弘前は鍛治町のかくみ小路にあったとされる「藪」の出身店。そのお店は本家本元「神田藪そば」の出身というから、こちらは神田の孫弟子になるのかもしれない。
 そしてメニューに掲げられる「中華そば」。これが本気で美味い。あっさりガラスープに煮干が加えられる津軽のセオリーはそのままに醤油の効き具合が絶妙。飲み屋街という場所柄塩分を高めに設定し、酔客の求めるど真ん中をついてくる。麺はもちろん自家製。かん水少な目の小麦香る麺は適度に熟成された素直な食感。津軽に来る機会のある方、鍛治町に飲みに来る機会のある方には是非オススメしたい一軒です。

住/青森県弘前市鍛冶町26
電/0172−32−5013
営/11:00〜2:00(深夜)
休/月曜
駐/8台

 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


弘前 いちろ@平川 新店

2007/01/06 23:56
いちろ@平川 味噌ラーメン600いちろ@平川 醤油ラーメン500
味噌ラーメン600        醤油ラーメン500

いちろ@平川 外観いちろ@平川 メニュー

1/3
錦を経営する(有)ニシキダイナー直営店で、12/26オープン。
ポスターにはしっかり「パシオ」の文字。ということはやはり「パシオ系」。錦の直営店では他に「麺屋うるとら@鷹巣」があり、そちらも奇抜なデザインのいわゆるパシオ系になり、自分が知る限りラーメン店では東北3軒目で青森初出店になります。
味は錦・うるとらに通じるタイプで、様々な食材を使いつつも一つの味を突出させずきれいにまとまるラーメン。麺は国産小麦100%で熟成されたツルツルの食感。席数も多く家族連れに重宝されそう。何より国道7号沿いの交差点なのでとにかく目立つ。うるとら同様ブレイク必至ですね。

※パシオ:「くじら軒@横浜」や「唐そば@渋谷」など超人気店をいくつも手がける設計施工デザイン会社

住/青森県平川市岩館山の井127-3
電/0172-44-0039
営/11:00-21:00
休/木曜



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


たかはし@弘前

2006/12/18 00:20

たかはし@弘前 中華そばたかはし@弘前 外観
中華そば 650

12/17
味助@尾上が臨時休業だったので、久々にこちらへ。やはり弘前が誇る煮干味。暴力的とも言えるそれは苦味・エグみ・酸味を兼ね備え、その具合は伊藤@角館ですら子供に見えるほど。豚骨で濁らせた濃厚スープには、魚粉を入れるわけでもないのにキラキラと煮干片が浮かぶ。麺は低加水中太の縮れ麺。ほとんど寝かさないためモチモチとした食感が心地よい。が、スープをよく吸い超煮干味を必要以上に口内へと運ぶ。
結論。美味い!と言うかハマる。もちろん毎日食べられるようなやさしいものではないですが、最近の魚粉系に飽きた方には是非オススメしたい一杯です。

住/青森県弘前市撫牛子1-3-6(元は大字萱町22)  
電/0172-34-8348
営/11:00-14:45(L.O.)、土日11:00-14:45(L.O.)、17:00-20:00(17:45L.O.)  
休/水曜
メ/中華そば650 大750 チャーシューメン850



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9


八雲@中目黒

2006/11/23 22:10
八雲@中目黒 特性ワンタン麺950八雲@中目黒 外観3
特製ワンタン麺(黒) 950

11/22



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


香園@麺々街道(猿賀公園)

2006/11/22 02:16
香園@麺々街道(猿賀公園) 中華そば300麺々街道(猿賀公園)全景 
中華そば 300

11/19
青森県平川市の商工会議所主催で行われたラーメンイベント。
この日は「香園」を。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


札幌館@青森

2006/11/20 23:56
札幌館@青森 味噌カレー牛乳バターラーメン.jpg札幌館@青森 外観.jpg
味噌カレー牛乳バターラーメン

11/18
青森県ラーメン掲示板で話題になっていて、つい食べたくなりこちらへ。
青森市の「味の札幌」、それとその出身店を中心に提供される「味噌カレー牛乳ラーメン」。市民に広く認知され、あたり前に食べられる地ラーメンになる。味噌・カレーまでは馴染みのある調味料になると思いますが、ラーメンに牛乳?というのが通常の感覚。カレー・牛乳の組み合わせは既知の事実ならば、やはり問題は「味噌×牛乳」。理屈抜きに美味いんですよこれが。青森に遠征にこられた際は是非お勧めしたいメニューです。

住/青森県青森市石江岡部56-3
電/017-782-1765
営/11:00-21:45
休/第1・3月曜



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


まるしげ@青森

2006/11/20 00:09
まるしげ@青森 中華そば550.jpgまるしげ@青森 ロゴ.jpg
中華そば 550

11/18
「まるかい@青森」の出身店「鳴海@青森」の娘夫婦のお店。以前は鳴海の店舗を夜だけ間借りして営業していたのですが、念願叶って今年の8/7にオープン。相変わらずの油分が全くと言っていいほど浮かばないそばのようなスープ。しかし一口すすると強烈な煮干味が口内を占拠する。麺はかん水を使用しない手打麺。以前より細くしたというそれは、一般的に見れば十分な極太麺。これからは取材OKということなので、機会があればいろいろとお聞きしたいと思います。

住/青森県青森市妙見2-1-4
電/017-728-2224



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


タイトル 日 時
たまや@青森(金沢) 新店
 たまや@青森(金沢) 新店 みそ 650 11/18 10/26、青森に他県をさしおいて「すみれ・純連@札幌」の出身店ができました。 いや〜、これは嬉しいですね。現在本州最北は仙台の「純連」でしょうか?熱々濃厚なスパイシー味噌にプリップリの多加水麺(森住製麺)。こちらのたまやは「すみれ@中ノ島」「純蓮@澄川」両方で修行した方で、昨年青森に帰ってきたそう。青森向けに油少な目、味噌濃い目と若干のアレンジを加えたそうです。食べた感想としては、確かに油を抑えた感じはありますがそれでも県内稀に見る層の厚さ。とろ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 10

2006/11/19 00:00
大ちゃん@弘前
 大ちゃん@弘前 手打ちラーメン 550 9/24 こちらは「つがる」のあった場所にオープンしたラーメン店。 つがるのときと同様、ラーメンからつまみ系までメニューが豊富。経営者が変わり味もメニューも一新したようですが、あっさり煮干の津軽味でたいした変更はなさそう。「手打ちラーメン」と「ラーメン」が別々に用意されるのも津軽の特徴です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/25 23:33
こう屋@平川
 こう屋@平川 鶏油らーめん 味玉トッピング 680 9/24 動物系のあっさりスープにほのかに香る煮干味。鶏油を浮かべたところなどは中村屋を意識したところ。ちなみに丼は「多賀野@中延」と同じもの。東京の有名店を食べ歩いたという店主による明らかにレベルの高いラーメンを堪能できます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/25 23:32
長崎@黒石 新店
 長崎@黒石  新店 9/24 黒石市に新しく出来たお店。黒石で「長崎」の字を見るとどうしても、「長崎家」との関連が気になるところですが、食べた感じ関係はなさそう。というか、住所みたいですね。ほのかに煮干が香る津軽のスタンダード的な味わい。結構人が入っていたので、万人ウケする味なのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/24 23:52
味助@平川
 味助@平川 9/23 今日は結婚式のため帰郷し、味助へ。 相変わらずこちらの暴力的な煮干味を堪能。そして、「焼きそば」。実はその「中華そば」の存在に影をひそめがちなのですが、地元ではむしろこの「焼きそば」の方が定番メニュー(持ち帰り可)。地元の製麺所に特注で頼む超極太麺は不規則に縮れなんとも変わった食感。ボリュームも並で300g越えはあろうかというコストパフォーマンスに優れる逸品。大を頼むと尋常ではない量の麺がのってきます。 旧尾上町は「大十食堂」「香園」そして「味助」とタイプは違うものの、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/23 23:53
めんや 雷門@五所川原(津軽ラーメン街道)
 めんや 雷門@五所川原(津軽ラーメン街道) 8/17 こちらも長尾と同じく8月一杯の期間限定出店。サンマの煮干を使用するという志の高いお店で、津軽の味を踏襲しつつ独自性を加えるクオリティの高いラーメンを提供します。今回は限定の「とんこつ煮干」を注文。まさに「高橋インスパイア」の味で、動物系濃厚なスープにガツンと煮干味が主張します。同行者の「鬼あぶら」も味見。燕三条系さながらの醤油・煮干・背脂がぶつかりあったインパクトある一杯でした。長尾・雷門と、今回の限定出店で広く県外の人に青森の煮干味を伝えてくれたと思います。新幹線開... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/21 12:05
長尾中華そば@五所川原(津軽ラーメン街道)
 長尾中華そば@五所川原(津軽ラーメン街道) 8/17 青森が誇る煮干ラーメンの雄、「長尾中華そば」がラーメン街道に8月一杯期間限定出店。青森市では提供していなかった「あっこく麺」を注文。まさにあっさりとこく煮干の中間という感じで、煮干ビギナーの方でも難なく食べられそうなバランスのとれた一杯でした。本日あたりから限定でこく煮干のつけ麺版らしきメニューも登場するようなので、そちらも要チェックです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/21 11:41
陸@弘前 新店
 陸@弘前 新店 8/17 大館に本店があるお店の2号店。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/19 21:43
うの食堂@浪岡
 うの食堂@浪岡 8/16 焼干スープ使用で、浪岡には珍しく「鹿内」の麺を使用しない自家製麺のお店。しかも並で麺の量200g。しっかりとした歯応えながら、かん水は少なめで上品なスープにマッチします。「若の里」も通ったという有名店で、駅前という立地にも恵まれ、連日賑わいを見せます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/19 21:40
千葉食堂@弘前
 千葉食堂@弘前 8/13 以前からの宿題店にようやく行ってきました。弘前の学生御用達の歓楽街?「西弘」にある「メロディクイーン」のほぼ向かい側。のれんを見てわかるとおり、味のあるお店です。スープは動物系のあっさりスープに、煮干がしっかり効く津軽味。麺は不規則に縮れた自家製のもので、歯応えが柔らかく好みは分かれそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/18 17:34
長崎家@黒石
 長崎家@黒石 7/23 今週も来てしまいました。というのも7/20のABAでこちらのお店が紹介されたのを友人が見て、是非行きたいということなので連れて行ってきました。先週は「支那そば」と「冷やし中華」だったので、今回は「冷やし支那そば」と「ざる中華」を注文。私はざる中華を食べたのですが冷やし中華同様、長崎家特有のかん水臭が抑えられたやさしい麺を堪能しました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/07/24 13:56
緑屋@弘前
 緑屋@弘前 7/17 7/1にリニューアルオープンしました。娘夫婦が今まで切り盛りしていた「緑亭」を閉め、こちらで一緒にやることになったそうです。 甘めの動物系醤油味にやさしい煮干香。津軽の味ですねぇ。緑亭時代に裏メニューとして存在していた「塩ラーメン」が定番メニューとして載ってました。また、鉄板メニューも健在です。敷居が低くなり親しみやすくなったと思います。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/19 18:43
一服庵@平川(尾上)
 一服庵@平川(尾上) 7/17 母親がお茶を飲みたいというのでこちらへ。 旧尾上町に最近できた本格的なお茶処です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/07/19 18:30
麺道楽@中央弘前
 麺道楽@中央弘前 7/17 オープン当初に行ってから2度目の訪問。以前と同じく看板メニューの「焼干中華」を注文。濃い目の魚介系醤油スープに厚めの香り油、魚粉も少々浮かびます。そして麺は焼干の練り込み麺。あっさりとした長崎家の焼干味とは対極にある味だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 17:55
長崎家@黒石
 長崎家@黒石 7/17 黒石が誇る老舗ラーメン店。ガラスープに焼干しを効かせたあっさりスープは戦前から変わらぬ癒し系の味。そして、200gの噛み応えある自家製麺。美味いですねぇ。 今回は焼干しダシ使用の冷やし中華を注文。多めに注がれたつゆは甘酸っぱくも出汁の香る長崎家の味。量も多く満足の一杯です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/07/18 17:36
ラーメン甚五郎@青森
 ラーメン甚五郎@青森 7/16 約1年半前にオープンというのですが、あらしさんに教えてもらい初めて気付いたお店。幸畑野内線(空港から降りてきて、青森大学に向かう道)を走り、あすなろ温泉の看板を進入、2〜300m先左側です。 メニューは塩ラーメン、味噌ラーメン、シャモロックラーメンの3種。私は名前に惹かれシャモロックラーメンを注文。鶏の心地よい油分が浮かぶのですが、それより増してゴマ油が効いた醤油ラーメン。細かい万能ネギが表面を覆う。食べ終わった後に店主と話をしたところ、塩ラーメンがおススメだそう。そういえ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 17:23
青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市)
 青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市) 7/16 3杯目 洋食屋の箱館らーめん 鶏を主体とした無化調の創作塩ラーメン。少し尖った塩スープながら、表面に浮かぶ鶏油とバジルのマー油がいい具合に包み込む。具材を麺の下に隠し込むという形態もおもしろい。実際にお店に行って食べたいお店ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 17:04
青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市)
 青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市) 7/16 2杯目 元祖バスラーメン しょうがの効いた動物系スープに中太縮れ麺。定番の琥珀色の塩スープは函館の定番的装い。特徴を言うならば、表面の動物系油脂の層。寸胴から一緒にすくい上げたであろうそれは旨みを含む熱々のもの。素直においしい函館ラーメンでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/18 16:54
青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市)
 青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市) 7/16 1杯目 あおもりラーメン協会 大間まぐろラーメン マグロの出汁に動物系スープをあわせ、ガーリックオイルを浮かべた創作ラーメン。 こってりした魚介系醤油スープの中に、りんごファイバー麺のしっかりとした噛み応えを楽しめます。マグロという圧倒的な知名度に、ニンニク&りんごという地場産品を絡めたまさに県のラーメン。県内ラーメン店には「煮干・焼干」という揺るぎない王道を行く食材が流通しますが、これからはこのような方向に目を向けるのもおもしろいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/18 10:30
井上家@弘前
 井上家@弘前 地元で「こってりしたラーメンが食べたい」と言われればまずこちらに連れてきます。弘前近辺に博多ラーメンや豚骨主体のお店がないので、味噌系を抜かせばこちらの家系味がやはり最も濃厚なのでは。 連れて行く皆の反応も大変満足しているようなので、家系の味は津軽にも受けいれられるのだと実感します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/16 00:33
やまや@黒石
 やまや@黒石 7/14 やまや@弘前の息子さんのお店。動物系と煮干ダシのバランスがいい津軽の味。弘前に比べ煮干が弱い感もありますが、慣れない方はこちらから入るのもよいかも。営業時間も長い(弘前に比べ)のでオススメです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/15 19:04
鹿内食堂@青森( 浪岡)
 鹿内食堂@青森( 浪岡) 7/14 つねた、まるみ、神戸屋、竹美屋、全部こちらの麺使用という製麺所兼優良ラーメン店(食堂)です。浪岡のスタンダードともいえる加水少な目の無添加麺を毎朝製麺し寝かすことなく使用。独特の食感と小麦の香りを堪能できる逸品を提供します。スープは昆布・煮干のスタンダードなもの。油脂系が薄いながらもキレのある、納得の一杯を堪能しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/15 01:11
味助@平川(尾上)
 味助@平川(尾上) 7/9 久々に津軽の問題児さんとこちらを訪問。相変わらずの暴力的煮干味にいい意味脱帽でした。長時間煮込まれた動物系スープに、苦味・エグミを超越したパンチのある煮干味。たかはし@弘前のラーメンが大好物という店主。その個性がはっきり伝わる一杯に仕上がってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

2006/07/11 00:00
こんな村ラーメン館@弘前(石川)
 こんな村ラーメン館@弘前(石川) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/10 23:58
つじや@弘前
 つじや@弘前 7/9 こちらのメニューで未食だった「らう麺」を食べてきました。写真左が既食の「中華そば」、右が「らう麺」。 らう麺はつけ麺と同じ麺で極太のもの。スープはしょうがが効いた動物系のスープに若干の魚介味。中華そばはその逆で麺には、細縮れが使用されます。麩がのっているのから見ても中華そばは地元あっさり煮干中華を意識したのでしょう。梅塩?のようなメニューもあったので次回はそれに期待です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/10 23:44
こう屋@平川
 こう屋@平川 7/8 店主は自分の中学の後輩で同じ名字。よく私のお店だと勘違いされるのですが、違います。 そして、お店の味はといえばやはりクオリティの高いものを提供してますね。今回は初の味噌ラーメンを注文。若干甘めな印象なのですが、油脂系のコクと絶妙にマッチした奥深い味わい。麺も醤油より太めの多加水のものを使用。全体的に食べやすいまとまった一杯だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/07/10 23:38
麺洲@弘前
 麺洲@弘前 7/8 最近オープンしたという新店。背脂醤油にライスおかわり自由ということで、「麺山@青森」や「大地@青森」を連想。そして確認。店主はもともと弘前の人で、ラーメン店を志しやはりその2店で修行したそうです。濁った動物系スープに醤油味が強く効くこの界隈では群を抜くこってり醤油。異なるのは麺。修行店が自家製なのに対し、こちらはかがや食品のものを使用。手打ち風に不規則に縮れた麺は食感良好でしっかりとスープを絡めます。若そうな店主だったので、麺に限らず修行店との差別化を期待したいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/10 23:23
みつぼし@青森
 みつぼし@青森 豚骨・鶏ガラに煮干しの効いた地元の味。ですが、表面の油の量がまたすごい。厚さ5mmはあろうかというその層は、スープを熱々に保ちます。寸胴から直接すくい取られる油は精製されたものと違い旨みたっぷり。あっさり中華の多い市内において珍しい一杯でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/13 23:56
ととや@青森
 ととや@青森 今年4月に東バイパスにできた新店。中華そばは煮干の効いた醤油スープに魚粉が入る強めの魚介スープ。麺は若干硬めに茹でられ、歯応えを感じます。 背脂ラーメンがメニューに載りこちらは屯ちん@池袋を意識したものということです。東京を視野に入れた志の高い味作りに今後期待です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/13 23:29
井上家@弘前
 井上家@弘前 今日で、3回目。地元に帰る度に来てしまいます。六角家で4年間修行した本場の味。やっぱり美味いですねぇ、こちらは。 今日は他に、青森市の新店「ととや」と「みつぼし」に行ってきました。 写真は後ほど ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/06/11 22:08
香園@弘前
 香園@弘前 津軽が誇る煮干中華の雄、「香園」のお土産ラーメン。本店の味そのままにペットボトルにスープが注ぎ込まれ、手もみの縮れ麺もお店同様のものを味わうことが出来ます。チャーシュー・メンマ・ネギが標準で同梱され、通販ラーメンにありがちな麺・スープという寂しい光景はありません。醤油立つ煮干の酸味が心地よいスープに自家製麺、津軽のスタンダート的な一杯を届けてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/06 23:40
まるかい@青森
 まるかい@青森 青森の煮干中華を語る上で欠かすことのできない人気店。こちらの中華を食べて、これは中華そば?と思う方も多いでしょう。実際スープにガラ系の食材は入っておらず、麺にはかん水を使用しない。そして煮干し。どう見ても「そば」か「うどん」の構成なんです。しかしチャーシューがのりメンマがのるその一杯はやはり中華そば。 その概念を何処に求めるかは意見の分かれるところだと思いますが、まるかいの中華とその人気はそこに大きな意義を持ち込むことでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/22 12:09
長尾中華@青森
 長尾中華@青森 今日は長尾の「こく煮干」と新メニュー「つけだし」を食べてきました。つけだしはつけ麺のつけ汁をスープで割ったもの。店主がまかないとして食べたのがきっかけだそうで、醤油の立ったピリ辛の煮干中華になります。 こく煮干は相変わらずのパンチ力で、たかはし@弘前を彷彿させる味わいでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/20 22:24
三忠食堂本店@弘前公園
 三忠食堂本店@弘前公園 弘前に数店舗展開する老舗蕎麦屋の本店。の弘前桜祭り出張店。「津軽そば」を古くからメニューに掲げ、その技法も生かし魚介系のあっさり中華そばを提供する。使う食材はサバの焼節。津軽に広がる煮干中華と一味違う澄んだ味わいを堪能できる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/05/07 23:44
風雷軒@青森
 風雷軒@青森 今年2月に元ラピタ@青森が営業していた場所にオープン。若鶏の清湯と白湯の2種を用意する鶏スープ専門店。白湯の正油を注文。見た目は白湯と言うほど濁ってないのですが、しっかりと鶏の旨みが出たコクのあるスープ。それに縮れ麺が加わり、濃厚なスープを持ち上げます。 県内には珍しい鶏専門のラーメン店なので、今後の動向に注目したいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/07 23:40
千華@大釈迦(青森)
 千華@大釈迦(青森) 長介@新橋さんの親方が始めたということなので、早速訪問。店主お勧めという「とん塩ラーメン」を注文。ショウガの効いた豚骨スープに西山の国産小麦多加水麺が入ります。タレの味が強く、スープの味を堪能することは出来ませんでしたが、国道7号沿いという立地上、このようなこってり系にプリプリ麺という組み合わせはかえって馴染むのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 23:38
うおしめ@青森
 うおしめ@青森 青森市本町に出来た新店。今回食べたのは「うおしめらーめん」。動物系のあっさりスープに煮干味が効くいわゆる津軽の味。と言いたいのですが、若干複雑に構成された+αの味。麺は最近県内に目立ってきた熊さんのもの。太めの多加水麺で、プリプリとした食感。にぼ一、にぼ二、極にぼと三段階で煮干の強さを調節できる。 地元の味を踏襲しつつ、更なる進化を狙う姿勢を評価したいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 23:28
海峡マグロラーメン十文字@青森
 海峡マグロラーメン十文字@青森 今年3月にオープンした新店。名前から察するに下北半島大間のマグロ使用?国上屋のように白湯スープではないのですが、独特の味わいがする清湯スープ。麺は津軽特有の手打ち風細縮れ。チャーシューの代わりにマグロの赤身がのります。 コンセブト的には良いと思うので、もう少し洗練させれば伸びるお店だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/06 22:08
いまむら@五所川原
津軽ラーメン街道のいまむらです。 詳細は後程 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/04 20:35
藪きん@弘前
 藪きん@弘前 昨日は友人の結婚式があって、2次会でかじ町にくりだしたので「藪きん」へ。神田藪系のそば屋さんなのですが、裏メニュー的な中華そばが人気。細ストレートの自家製麺に、醤油強めの鶏ガラ煮干スープ。飲んだあとの〆に最適な一杯をいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/30 20:47
井上家@弘前
今日は友人の結婚式で実家に戻ってきたので、早速青森県ラーメン掲示板で話題の「井上家」に行ってきました。早速店内には豚の香り。濃厚な豚骨スープに鶏油が浮かび、本格的な亜流ではない味わいを堪能しました。六角家出身ということでしたので、確認したところ、六角橋、船橋、お台場での経験があるそうです。麺も酒井製麺。きちんと家系で修行を積んだ証拠ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/29 13:59
青森の新店:つじや@弘前、ひらこ屋@青森
1/29オープン、地元青森で話題のらう麺つじや@弘前に行ってきました。やっぱりうまいですねここは。酸味、辛味、甘味がバランス良く一体になったスープに大勝軒さながらの自家製極太麺がよく合います。しかも無化調。さすがとしか言いようがありません。青森市本町のお店は夜八時営業開始ということで、なかなか足を運べませんでしたが、今度は広く多くの県民に本物の味を伝えてくれると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/02/14 07:53

トップへ | みんなの「青森県」ブログ

ラーメンマンの食べ歩き 青森県のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる