長崎家@黒石

長崎家長崎家

7/23
今週も来てしまいました。というのも7/20のABAでこちらのお店が紹介されたのを友人が見て、是非行きたいということなので連れて行ってきました。先週は「支那そば」と「冷やし中華」だったので、今回は「冷やし支那そば」と「ざる中華」を注文。私はざる中華を食べたのですが冷やし中華同様、長崎家特有のかん水臭が抑えられたやさしい麺を堪能しました。

住/青森県黒石市市ノ町40-2   
電/0172-52-3201
営/10:30-16:30(スープ切れ終了) 
休/無休
メ/中華そば450 冷支那そば500 冷やし中華550 ざる中華500



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

空海好き
2007年01月15日 13:39
ここのところ、食べに行く時間的な余裕が無く、冷やししなそばを未食だったんですが、ちょっと時間の余裕が出来たので、近々食べに行ってみます。

ところで、ざる中華はどういう感じだったんでしょうね?つけ汁の味が気になります。
2007年01月15日 13:39
『ラ-メンマン』さん、こんにちは。昨日『長崎家』に行かれたんですか?私も昨日、15:10頃行ったんですが、店じまいしていました。こちらのお店には“ざる中華”もあるんですか?う~ん、ますます行きたくなりました!
ラーメンマン
2007年01月15日 13:39
>空海好きさん
そうですよねぇ、やはりつけ汁が気になるところですよね。こちらのは普通の麺つゆに若干の焼干が効いたものだと思います。って言っても確認したわけではないのですが、冷やし中華には焼干の出汁を入れているということだったので、おそらくこちらにも入っているのではという推測です。つけ汁どうのと言うよりも特徴ある麺を楽しめるメニューだと思いました。

>むらちゃんさん
3時に終わってしまったんですか?残念ですねぇ。そういえば、私が行ったのは1時半過ぎだったのですがほぼ満席でした。やはりテレビの力ですかね。
まあ、いろいろメニューがあるわけですが、戦前からあるという「冷やし支那そば」が一押しですよ。それが本当ならば冷やしラーメンの元祖といわれる栄屋@山形よりも古いということにもなりますし。謎の多いお店です。

この記事へのトラックバック