つし馬@浅草が津軽の煮干ラーメンを提供

つしま中華そばつしま外観












同郷の田中商店店主による、待ちに待った「つしま」開店の日。はやる気持ちを抑えつつも普段はじっとしているエスカレーターを早歩きで駆け上がり、お店に向かいました。店に到着すると田中店主自ら腕をふるっています。壁には「大、中」の文字。もしや?、そう、青森市で絶大な人気を誇る「丸海」を意識したようなラーメンなんです。若干の酸味を伴う、醤油が立つ味わい。磯を感じる野趣溢れる煮干の香り。麺に関しては更にクオリティの高いスープにマッチしたもの。津軽が誇る煮干味が東京初進出なんです。今まであれほど特徴的なご当地ラーメンの資質を持っていつつ表に出てこれなかった津軽の煮干ラーメン。遂にアンテナショップ的なお店が出来たわけです。いや~ホント嬉しい(>_<)青森のホープとして今後の活躍にものすごく期待したいです。

ちなみに丸海インスパイア系と言われる味を提供するお店は長尾中華のあっさり、ひらこ屋のあっさり、マタベエ等です。地域的特徴を言えば青森市のラーメンは「丸海」を筆頭として醤油が強めに効くのに対し弘前は「山忠」を代表としたダシが全面に出る味。同じ津軽のラーメンでも大きく分けて二種類に分類出来るのが面白いです。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ななし
2007年01月15日 13:39
浅草は台東区だな。

この記事へのトラックバック