異例のアウトドアラーメン 大阪『はびきの本店らーめん』を訪問

画像
     河内鴨らーめん 1200
画像
     モンゴルゲル
画像

画像
     自家菜園
画像
     スープは炭火炊き
画像

画像


おもしろい営業形態が話題のこちらを訪問。荒野にやわらかい光で照らされた、西部劇さながらのロケーションに度肝を抜かれる。メインキッチンは人気キャンピングトレーラー「エアストリーム」。客席はモンゴルの移動式住居「ゲル」。ラーメンにトッピングされる野菜は、敷地内で栽培される野菜を使う。メニュー筆頭の「河内鴨らーめん」を。鴨ガラを炊き出したやわらかいスープに、風味の強い全粒麺。メイントッピングとなる鴨肉はレアな状態で提供されるジビエな味わい。自慢の野菜がたっぷり盛られボリュームにも満足。全てにおいて驚愕なお店だった。

住/大阪府羽曳野市大黒310
電/072-956-0531
営/11:30~OS13:00/18:00~OS21:30
休/雨天時
駐/有り
交/近鉄南大阪線駒ヶ谷駅より徒歩20分

親友が、青森にラーメン店『Rcamp』をオープン!!

画像
     濃厚鶏白湯ラーメン 700円
画像
     ゴーヤチャンプルー
画像
     とうふよう
画像
     メニュー     
画像
     プレミアムモルツ
画像
     レアな泡盛
画像
     ドリンクメニュー
画像


私の親友が、先月青森県弘前市にラーメン店をオープンしました。
『Rcamp』という屋号で、土地柄お酒が飲めて沖縄料理も食べられるラーメンバーという形態で、青森の歌舞伎町とも言われる鍛冶町にある『かだれ横丁』という商業施設内で始めました。

東京のラーメンに開眼し、青森にも東京に負けないこだわりの一杯を、ということで、鶏・煮干・野菜を濃厚に炊き出したラーメンを提供しています。修行先を持たず(旭屋のレシピ本を読み漁ってました)、名店(人気店を数十軒連れてまわりました)を食べ歩き、家にこもり独学で作り上げた渾身のラーメンです。

先日食べましたが、~系というジャンルにくくられないオリジナルの味わいを確認しました。ひいき目を抜きにして、正直美味しかったです。

麺は東京の人気製麺所『三河屋製麺』から取り寄せる、国産小麦100%のもの。『東池袋大勝軒』よりも1ランク太い16番。スープは贅沢に丸鶏を使用し、結構な量の煮干を入れています。化学調味料は使用していません。

〇東京での経歴
・酒屋での経験があるため、泡盛のセレクトが間違いない。レアなものは奥に隠しています(笑)
・日本橋の沖縄料理店での経験があるため、本場の仕入先を知ってます。
・帝国ホテルでのウェイター経験があるため、本物のサービスが受けられます(たぶん)

まあ、何かとおもしろいお店で、ダイキという店主がいますので気軽に話しかけてください。結構なラーメンマニアなので(笑) 

以上、よろしくお願いします。

住/青森県弘前市百石町2-1(かだれ横丁内)
電/090-4883-7253
営/18:00~翌2:00(売り切れ次第終了)
休/不定休
オープン日/10月26日

ラーメンマン監修「最新ラーメンの本 関西版 Vol.1」発売開始!!

画像

 「最新ラーメンの本 首都圏版 Vol.5」発売から1ヶ月が経ちまして、おかげさまで追加発注をいただくほど、ご好評をいただいています。ご購入いただいた方にはこの場を借りて御礼申し上げます。
 
 そして、「首都圏版Vol.5」とほぼ同時期に動き始めました「最新ラーメンの本 関西版 Vol.1」がおととい11/9発売になりました。掲載数が101軒と、首都圏版の半分以下ですが、話題の新店や名店を厳選し掲載させていただきました。そして、関西のラーメン賢人PAPUAさんととしむねさんに座談会にご出席いただき、関西のラーメン動向また首都圏との比較について熱く語ってもらっています。詳細は下記の通りです。

最新ラーメンの本 関西版 Vol.1 概要
〇巻頭特集1:煮干ラーメン旋風
  奈良『豚の骨』の「豚にぼラーメン」や、兵庫『麺舎ヒゲイヌ』の「煮干塩ラーメン」など、首都圏に同じく、関西の煮干ラーメン提供店を8軒掲載。

〇巻頭特集2:全粒粉が巻き起こす麺革命
  大阪『大鶴製麺処』を筆頭に、滋賀『加藤屋』・奈良『春日』など、関西発信の全粒麺提供店を8軒掲載。
 
〇三者麺談&ランキング
 石山勇人×PAPUAさん×としむねさん
  関西と首都圏のにおける潮流の差異など、それぞれが熱く語っています。

参考 関西ラーメンめぐり
    としむねの部屋。

〇掲載店内訳
  2000年以降(基本的に2007年以降)オープン85軒
  2000年以前オープン16軒
   最初、首都圏同様に1年以内オープンでリストアップしたところ、紹介したい名店を多く逃してしまっていることに気づいたので、老舗のセレクトの意味合いも含め、今回は上記のくくりになりました。

 今回は関西本ということで編集を関西の会社にまかせ、東京からコントロールするという特殊な方法だったので、ある意味首都圏版よりも苦労しました。しかし、その分内容も濃い物になったと実感しています。機会がありましたら、是非一度お手にとって、内容を眺めていただきたいと思います。今回も宜しくお願いします。

麺丸@鶴見 限定ベジポタラーメンスタート!!

画像

メニュー名
ベジ塩つけ麺 850円(1日5食)
提供期間
10/15~11/12
説明
あさりの旨味が映える塩ラーメンが人気の鶴見『麺丸』が、ベジポタコラボに堂々参戦。使用する野菜はジャガイモ・タマネギといったベジポタ定番食材に、やわらかい酸味が心地よいトマトを投入。動物系の清湯でしっかり煮込み味をなじませた野菜ペーストを、さらに裏ごしするなめらかな舌触り。そして、煮干を加えた自慢の塩ダレを合わせ、味の輪郭を調える。具材には炭火で炙られたエリンギとアスパラが飾られ、洋の世界を演出。不規則にうねる『三河屋製麺』の極太麺を特製ポタージュがコーティングし、濃厚な旨味の中に力強い食感を堪能できる。

その他、ベジポタカップ麺プロジェクト協力店はこちら

住/神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央3-4-14
電/045-521-2326
営/11:30~22:30(日、月11:30~20:00)
休/毎週 火

濃厚豚そば ぶれん@竹ノ塚 (10/20オープン)

画像
     濃厚ぶたそば 700円
画像

画像


 昨日オープンした竹ノ塚の新店を訪問。メニューには「かけ」も伺えるが、バラ・ロース2種のチャーシューがのるデフォルトの「濃厚豚そば」を注文。厨房を見ると大きな寸胴をかき混ぜる店主の姿が見える。そして出てきたのは、力強く濁ったこってりとしたビジュアル。表面の油層からは魚介の芳香も。スープは豚骨が濃厚に炊き出されたクリーミーな食感に、ジャガイモ・玉ネギをペースト状にし混ぜ合わせたベジポタスタイル。特有のシャリシャリ感がなくなめらかな舌触りが印象的。注目の新店がまた竹ノ塚にできた。

住/東京都足立区竹の塚6-13-2
電/03-5242-5096
営/11:00~15:00/17:00~23:00(土日祝11:00~21:00)
休/10月は無休

ラーメンマン監修「最新ラーメンの本Vol.5」&ベジポタカップ麺 発売開始!!

画像

前回の「最新ラーメンの本Vol.4」に引き続き、「Vol.5」が本日10/13よりコンビニ、書店にて発売開始です。
そして、「最新ラーメンの本 関西版」も11/9発売予定で進んでいます。こちらも乞うご期待!!

さらに今回は前号より始まっていました、エースコックさんとのコラボ企画「ベジポタカップ麺プロジェクト」が完結しました。『超濃厚とろみ豚骨醤油ラーメン』が発売開始です。かつてない濃度のカップ麺ですので是非ご賞味ください!!

最新ラーメンの本Vol.5概要
○巻頭特集1:煮干ラーメンの二極化
              宝塚出身の女優凜華せらさんに登場いただいてます
         
     特集2:最強!男盛列伝」        
              大食いクィーン三宅智子さんに登場いただいてます

     ※各動画を『快食!ラーメン情報』にて配信中!

〇ベジポタカップ麺プロジェクト(発売中!)
画像
     超濃厚とろみ豚骨醤油ラーメン
    ベジポタカップ麺ができるまでの軌跡を本・PCサイト・携帯サイトで追っています。
    PC版(エースコックHP)http://www.acecook.co.jp/tieup/vegepota/
    携帯版(快食!ラーメン情報)
    
    人気ラーメン店7軒の方々にもご協力いただき、本日より1ヶ月(10/13~11/12)、ベジポタラーメンを杯数限定で提供していただいております。
    協力店
    西尾中華そば(西中ベジポタ 850円)
画像

    
    麺や 七彩(長イモとゴボウの煮込みラーメン 870円)
画像
    
    
    武蔵家 立川店(ベジポタ家 800円)
画像


    塩らぁ麺 Ayumi 吉祥寺(ほうれん草とチーズのめちゃめちゃトロトロ麺 980円)
画像


    音麺酒家 楽々(超濃ベジつけ麺 850円)
画像


    とろとろ肉そば てんか(みそポタ 850円)
画像


    麺屋 えん寺(ベジポタ辛つけ 850円)
画像


    麺丸(ベジ塩つけ麺 850円)
画像


○スペシャル対談&新店ラーメンランキング
            選者
            ラーメン王青木さん
            ラーメンブログ王しらすさん
            フードジャーナリストはんつ遠藤さん
            ラーメンデータバンク矢守さん
            ラーメンライターマッハ
            ラーメンマン
            司会