東京ラーメンストリート 東京駅一番街に6/17オープン!!

塩らーめん専門 ひるがお
画像
     塩らーめん700
画像


 東京駅の地下街に、ラーメン集合施設『東京ラーメンストリート』が明日オープン。その内覧会の案内が来たので訪問。まずは『塩らーめん専門 ひるがお』。新宿御苑店が移転プチリニューアルオープンということになる。変更点はチャーシュー。とろっとろの角煮がのせられ、薄味で提供されるため上品なスープの風味を邪魔していない。煮干・貝柱・鶏ガラの旨味が円を描く、さすがの一杯を堪能した。


六厘舎TOKYO
画像
     つけめん850
画像
     おみやげらーめん800(ストレートスープに開化楼の特注麺 美味い!)
画像
     傾奇者(TOKYO六厘舎専用粉)
画像


 次に『六厘舎TOKYO』。「TOKYO」という字が新しくついているので、何か大崎と違うことをやっているのか聞いたところ、麺の粉を変更したとのこと。粉袋には傾奇者(TOKYO六厘舎専用粉)と書いてある。三田店主が言うには、のびにくい麺が出来上がったとか。光沢のある麺肌に、ぶるんぶるんに飛び跳ねる極太麺。甘味の強い濃厚なつけ汁でいただくストロングスタイルは健在で、内覧会にも関わらず行列ができていた。


二代目 けいすけ えびそば外伝
画像
     伊勢海老そば850
画像
     海老チャーハン350
画像
     海老まよ350
画像


 最後に『二代目 けいすけ えびそば外伝』。店内に入ると、けいすけさん、三田さん、前島さんが一服していた(笑)。外伝とつくからには馬場の二代目と、少しでもコンセプトチェンジしているのだろうと期待。そして期待通り券売機トップには「伊勢海老そば」。佐藤店長に聞いたところ、この外伝は二代目と四代目のコラボ設定なのだとか。海老味噌独特の香りが鼻を抜けるスープに、柚子胡椒が清涼感を加えるこちらならではの一杯。

住/東京都千代田区丸の内1-9-1(東京駅一番街内)
電/03-3210-0077
営/11:00~22:30(LO22:00)
HP/http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/ramenstreet/

日本テレビ「カウントダウンドキュメント 秒ヨミ!」に協力しました!!

画像


 秒ヨミ!「山手線全駅でラーメンを食べて一日一周できるのか!」のロケで回るラーメン店をセレクトし、コメントしています。
 
 それにしてもこの番組、本当に1日で山手線各駅のラーメン店を全部まわろうという企画。三宅さんのフードファイトにも驚きましたが、タレントさんにこんな過酷なロケをやらせてもいいのかと心配になりました。山手線1周全軒食べれたのか、結末は次週ご期待ください。

後編は次週6/21 12:45~
※青森は12日遅れて30分に縮めて放送されるみたいなので、前編が6/26 10:25~

番組HP http://www.ctv.co.jp/byo-yomi/

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88_%E7%A7%92%E3%83%A8%E3%83%9F!

石山勇人×エースコック ベジポタカップ麺プロジェクト始動!!

ベジポタとは?
動物系食材によるラーメンの濃化が飽和状態に達し、更なる濃化の手段を求めたどり着いた植物系食材。
つまり、ラーメンに馴染みの深い野菜。これを、動物性スープにダシとしてではなく、直接溶かし込んだハイブリッドスープがベジタブルポタージュ、「ベジポタ」になる。
油脂に頼ることのない、後口の良いヘルシースープ。しかし濃厚。そして、野菜の甘味・旨味が相乗した新食感。
今後業界のスタンダードになることは間違いない。と思う。

エースコックHP(動画)
http://www.acecook.co.jp/tieup/vegepota/

『快食!ラーメン情報』にて、カップ麺開発記録、第一弾配信開始!!
http://m-bui.com/ramen/index.html
画像

画像

画像

画像

画像
     「日本一インスタントラーメンを食べる女」
    麻布台綾子さん

     ブログhttp://blog.livedoor.jp/azabudai_ayako/
画像


第二弾、乞うご期待!!

ラーメンShow in Tokyo 2009(2日目) 会場:駒沢オリンピック公園中央広場

画像
     無鉄砲
京都、木津川に本店をかまえる、超豚骨ラーメン店。
今回は豚骨をより濃厚に炊き出すために、関西から羽釜を取り寄せ、本店顔負けの濃度でラーメンを提供。
どろどろに炊き出されたコラーゲンスープは、未体験の食感。
画像
     バドプリ2009
厳しい予選会を勝ち抜いた若き精鋭が毎日1組ずつ登場。
土曜日は千葉にお店をかまえる『頑々坊主』の博多氏。地産地消をコンセプトにおき、千葉特産の岩海苔を用いた海苔とんこつらーめんを提供。
画像
     五輪ラーメン
『九段斑鳩』店主・坂井氏と、『烈士洵名』店主・塚田氏による、五輪をイメージしたラーメン。
宗教上食用が制限される、牛・豚を使用せず、鶏・野菜を中心に構成し、世界中で食べられるラーメンを提供する。
画像
     天照×きび
東京の人気店『麺香房 天照』×『支那そば きび』のアジアンキューブラーメン。
ぴろぴろの幅広麺をすすりながら、スパイスキューブを溶かし、和から亜細亜テイストに変わるWテイストを堪能できる。
画像
     夢のラーメン
日本全国の児童を対象に「こんなラーメンが食べたい」と描いてもらった「夢のラーメン」を『大文字』店主・中村氏、『博多一風堂』店主・河原氏の手により具現化。甘味のあるカレー味にウインナー・エビフライがのるお子様ランチの要素を含んだラーメン。太めの麺との相性も良く、上手く仕上がっている。
画像
     2日目 大盛況
画像
     券売機にも大行列

ラーメンShow in Tokyo 2009(2日目)詳細
2日目(土曜)も、ラーメン仲間とともに訪問。先日とは打って変わって全店?に大行列。とりあえず目的の『無鉄砲』に並んだら、1時間半待ちでようやくラーメンを食べられた。やはり大都市圏の週末という圧倒的な爆発力に加え、1日目の様子がニュースなど多くのメディアに取り上げられことが、2日目・3日目の盛況につながったのだろう。

ラーメンフリークだけではなく、一般のお客さんも楽しめる、ラーメンの持つアミューズメント性を存分に生かしたこのようなイベントを、是非今後も続けて欲しいと思う。

詳細動画は「快食!ラーメン情報」にて近日配信!!
http://m-bui.com/ramen/index.html
画像

ラーメンShow in Tokyo 2009 会場:駒沢オリンピック公園中央広場

画像
     長尾中華そば(青森)×つし馬
青森が全国に誇る二大店主の合作。
奇をてらわず、煮干を丁寧に炊き上げた津軽ラーメンの真髄を堪能できる。美味い!!
画像
     けいすけ×凪
伊勢海老と瀬戸内の白口いわしをふんだんに使ったラーメン。
店頭で調理されている伊勢海老の香味油が印象的。
クセの強いスープながら、柚子胡椒の清涼感が加わり不思議に調和する。
画像
     六厘舎×頑者
言わずと知れた超人気つけ麺店によるコラボ。
濃厚豚骨魚介×極太麺。ここを食べずして、今回のラーメンショーは語れない。
画像
     博多だるま×博多新風
博多ラーメンの王道と新鋭の劇的コラボ。
基本的かつ丁寧な豚骨スープに新風得意の特製マー油が加わり、酒粕味噌を溶かしながら食べるWテイスト。
画像
     にっこう(滋賀)×夢を語れ(京都)×風火(滋賀)
マルジ出身店主と滋賀の若手実力派2店が作る「塩二郎」。
本会場№1のボリュームと、それに負けない豚の旨味をこだわりの塩味で表現する。
画像
     若手四天王(ゆいが×おおぼし×寸八×文蔵)
今最も熱いラーメンエリアとして注目される、長野県の若手店主によるコラボラーメン。
丸鶏、煮干を大量に炊いたスープに、人気製麺所『有製麺』の特製麺を合わせる激ウマな一杯。
画像
     麺維新会
「共に学び 共に成長し 共に勝つ」がコンセプトの栃木ラーメン店30軒以上が手を取り合い結成された麺維新会。
佐野ラーメンを進化させ、全粒粉を練り込んだ風味の強い独特の麺。鴨スープが徐々に味噌味に変化するトリックスープがおもしろい。

ラーメンShow in Tokyo 2009詳細  
 今朝は9時50分駅集合で、10時過ぎに駒沢公園入り。雨足が強く、平日朝ということもあり会場到着時にはお客はまばら。しかし、『六厘舎×頑者』だけが大行列(汗)。特に食べるラーメン店を決めてきたわけではないのだが、なんとなく上記のラーメンを実食。他、ラーメン仲間が何人か来ていたので、手の回らなかったラーメンを少しずつつまみ食い。『佐野JAPAN』は時間というか、お腹に余裕がなかったので少しいただいただけなのだが、相変わらずのクオリティ。会場で食べる一杯目のラーメンにオススメ。
 
 V6のラーメン好きのあの方も見えていたので、挨拶をし「今度ラーメン対談とかどうでしょう?」と交渉。「いいですねぇ」との返事。。。 実現させたい。
 
 有名人では、最近お酒の席で意気投合し仲良くなったこちらのミュージシャンも来場。かなりのラーメンフリークで、コンサートに合わせ全国のラーメン店を食べ歩いている。明日は某店を手伝わされるのだとか(汗) 新宿煮干ラーメン店恐るべし

 時間が経つに連れお客さんも増え、帰る頃には行列が出来るお店もちらほら。仕事半分、趣味半分で待ちに待った「ラーメンShow」を存分に堪能した。ちなみに明日も朝一で向かう予定。

画像
     左から、大崎さん 千葉さん 前島さん 大林さん
画像

画像

画像


詳細動画は「快食!ラーメン情報」にて近日配信!!
http://m-bui.com/ramen/index.html
画像

西尾中華そば@駒込 新店(5/14オープン)

画像
     中華そば700
画像

画像

画像


 今日は話題の新店3軒がオープンするフリーク待望の日。まず一軒目は『凪』の参謀西尾氏による『西尾中華そば』をシャッターで訪問。午前10時に到着し3人の先客。厨房には西尾さんと夏山さんが入り、最終調整中。
 
 11時オープン。感触を確かめながら丁寧に作られる中華そば。細く引き締まった豆もやしのまわりに焼き豚が並ぶ。鶏ベースのコクに強めの油脂感が厚みを出し、複数の魚介味が見え隠れする。麺はとうもろこし粉を練り込んだ自家製。特有の甘味が溶け出しスープ色が変わる。
 
 美味い!が難しい、西尾さんならでは一杯。

住/東京都北区西ヶ原1ー54ー1
電/03-5980-9242
営/11:30~15:30(LO)
  17:30~21:00(LO)
  ※売り切れ次第終了
交/南北線駒込駅より徒歩5分 しもふり商店街入り口付近

ラーメン多摩組 「TOKYO X ラーメン」 本日(5/17)開催!!

画像
     TOKYO X チャーシュー
画像
     徹夜で作業
画像
     イベント会場
画像
     48時間炊き放し
画像
     作業風景
画像
     イベント会議風景
画像

画像
     午前11時、開始挨拶
画像
     厨房はタレントがそろい、提供もスピーディー
画像
     「TOKYO X」 SPラーメン+味玉(多摩の地鶏)
画像
     「TOKYO X」 濃厚豚骨スープ(ラーメンの麺をつけて食べるので、つけ汁ではなくラー汁と言うらしい)
画像
     「TOKYO X」 丼

 「快食!ラーメン情報」動画撮影のため、昨晩11時に「多摩組」イベント会場『鏡花』に潜入。スタッフの奮闘ぶりを撮 りながらブログをアップ。マンガ喫茶で仮眠をとり、朝9時実食のため行列に並ぶ。この時点で先客15名。
 午前11時にオープンし「TOKYO X」のSPラーメン・丼とフルコースを注文。「TOKYO X」の肉・脂でスープを抽出した背脂清湯ラーメン。麺は『池谷精肉店』で夜中に製麺した打ちたての極太麺。さらに、立川『凪』で48時間炊いた「TOKYO X」重厚スープが別途用意され、つけ麺の要領でも食べられる。
 味はもちろんのこと、店主達の団結力に感動した。

詳細はこちら
http://tamagumi.growz.net/

詳細動画は「快食!ラーメン情報」にて近日配信!!
http://m-bui.com/ramen/index.html
画像