テーマ:青森県

親友が、青森にラーメン店『Rcamp』をオープン!!

     濃厚鶏白湯ラーメン 700円      ゴーヤチャンプルー      とうふよう      メニュー           プレミアムモルツ      レアな泡盛      ドリンクメニュー 私の親友が、先月青森県弘前市にラーメン店をオープンしました。 『Rcamp』という屋号で、土地柄お酒が飲めて沖縄料…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

長尾中華そば@青森 煮干最上級「ごぐにぼ」実食!!

長尾店主の煮干ブログ      ごぐにぼ750      土鍋味噌 (山椒が効いたすみれ風。美味い!!※期間限定なので要確認)      おみやげ 希釈ではないストレートタイプ  実家の神社でお祭り(収穫感謝祭)があり帰省。「青森ラーメン掲示板」で話題になっていた「長尾中華そば」の煮干最上級「ごぐにぼ」狙いで…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

中華そば つし馬@浅草 たかはしインスパイア!!

     津軽バリ煮干そば 750 15:00~限定20食  ~12/15 参考      たかはし@弘前 中華そば      伊藤@角館 肉そば 11/18  こちらで『たかはし中華そば@弘前(青森)』のインスパイアを限定(超らーめんナビ)で始めたというので早速訪問。  確かにいつもと違う濁りスープ。豚骨濃度的には…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

藪きん@弘前 中華そば

     中華そば500 5/5  昔、弘前は鍛治町のかくみ小路にあったとされる「藪」の出身店。そのお店は本家本元「神田藪そば」の出身というから、こちらは神田の孫弟子になるのかもしれない。  そしてメニューに掲げられる「中華そば」。これが本気で美味い。あっさりガラスープに煮干が加えられる津軽のセオリーはそのままに醤油の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

弘前 いちろ@平川 新店

味噌ラーメン600        醤油ラーメン500 1/3 錦を経営する(有)ニシキダイナー直営店で、12/26オープン。 ポスターにはしっかり「パシオ」の文字。ということはやはり「パシオ系」。錦の直営店では他に「麺屋うるとら@鷹巣」があり、そちらも奇抜なデザインのいわゆるパシオ系になり、自分が知る限りラーメン店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかはし@弘前

中華そば 650 12/17 味助@尾上が臨時休業だったので、久々にこちらへ。やはり弘前が誇る煮干味。暴力的とも言えるそれは苦味・エグみ・酸味を兼ね備え、その具合は伊藤@角館ですら子供に見えるほど。豚骨で濁らせた濃厚スープには、魚粉を入れるわけでもないのにキラキラと煮干片が浮かぶ。麺は低加水中太の縮れ麺。ほとんど寝かさないた…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

札幌館@青森

味噌カレー牛乳バターラーメン 11/18 青森県ラーメン掲示板で話題になっていて、つい食べたくなりこちらへ。 青森市の「味の札幌」、それとその出身店を中心に提供される「味噌カレー牛乳ラーメン」。市民に広く認知され、あたり前に食べられる地ラーメンになる。味噌・カレーまでは馴染みのある調味料になると思いますが、ラーメンに牛乳?…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

まるしげ@青森

中華そば 550 11/18 「まるかい@青森」の出身店「鳴海@青森」の娘夫婦のお店。以前は鳴海の店舗を夜だけ間借りして営業していたのですが、念願叶って今年の8/7にオープン。相変わらずの油分が全くと言っていいほど浮かばないそばのようなスープ。しかし一口すすると強烈な煮干味が口内を占拠する。麺はかん水を使用しない手打麺。以前…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

たまや@青森(金沢) 新店

みそ 650 11/18 10/26、青森に他県をさしおいて「すみれ・純連@札幌」の出身店ができました。 いや~、これは嬉しいですね。現在本州最北は仙台の「純連」でしょうか?熱々濃厚なスパイシー味噌にプリップリの多加水麺(森住製麺)。こちらのたまやは「すみれ@中ノ島」「純蓮@澄川」両方で修行した方で、昨年青森に帰っ…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

大ちゃん@弘前

手打ちラーメン 550 9/24 こちらは「つがる」のあった場所にオープンしたラーメン店。 つがるのときと同様、ラーメンからつまみ系までメニューが豊富。経営者が変わり味もメニューも一新したようですが、あっさり煮干の津軽味でたいした変更はなさそう。「手打ちラーメン」と「ラーメン」が別々に用意されるのも津軽の特徴です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こう屋@平川

鶏油らーめん 味玉トッピング 680 9/24 動物系のあっさりスープにほのかに香る煮干味。鶏油を浮かべたところなどは中村屋を意識したところ。ちなみに丼は「多賀野@中延」と同じもの。東京の有名店を食べ歩いたという店主による明らかにレベルの高いラーメンを堪能できます。 住/青森県平川市柏木町東田313 営/11:00-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎@黒石 新店

9/24 黒石市に新しく出来たお店。黒石で「長崎」の字を見るとどうしても、「長崎家」との関連が気になるところですが、食べた感じ関係はなさそう。というか、住所みたいですね。ほのかに煮干が香る津軽のスタンダード的な味わい。結構人が入っていたので、万人ウケする味なのかな。 住/青森県黒石市長崎2 電/0172-53-2031…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

味助@平川

9/23 今日は結婚式のため帰郷し、味助へ。 相変わらずこちらの暴力的な煮干味を堪能。そして、「焼きそば」。実はその「中華そば」の存在に影をひそめがちなのですが、地元ではむしろこの「焼きそば」の方が定番メニュー(持ち帰り可)。地元の製麺所に特注で頼む超極太麺は不規則に縮れなんとも変わった食感。ボリュームも並で300g越えはあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

めんや 雷門@五所川原(津軽ラーメン街道)

8/17 こちらも長尾と同じく8月一杯の期間限定出店。サンマの煮干を使用するという志の高いお店で、津軽の味を踏襲しつつ独自性を加えるクオリティの高いラーメンを提供します。今回は限定の「とんこつ煮干」を注文。まさに「高橋インスパイア」の味で、動物系濃厚なスープにガツンと煮干味が主張します。同行者の「鬼あぶら」も味見。燕三…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

長尾中華そば@五所川原(津軽ラーメン街道)

8/17 青森が誇る煮干ラーメンの雄、「長尾中華そば」がラーメン街道に8月一杯期間限定出店。青森市では提供していなかった「あっこく麺」を注文。まさにあっさりとこく煮干の中間という感じで、煮干ビギナーの方でも難なく食べられそうなバランスのとれた一杯でした。本日あたりから限定でこく煮干のつけ麺版らしきメニューも登場するようなので、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

うの食堂@浪岡

8/16 焼干スープ使用で、浪岡には珍しく「鹿内」の麺を使用しない自家製麺のお店。しかも並で麺の量200g。しっかりとした歯応えながら、かん水は少なめで上品なスープにマッチします。「若の里」も通ったという有名店で、駅前という立地にも恵まれ、連日賑わいを見せます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉食堂@弘前

8/13 以前からの宿題店にようやく行ってきました。弘前の学生御用達の歓楽街?「西弘」にある「メロディクイーン」のほぼ向かい側。のれんを見てわかるとおり、味のあるお店です。スープは動物系のあっさりスープに、煮干がしっかり効く津軽味。麺は不規則に縮れた自家製のもので、歯応えが柔らかく好みは分かれそうです。 住/青森県弘前市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎家@黒石

7/23 今週も来てしまいました。というのも7/20のABAでこちらのお店が紹介されたのを友人が見て、是非行きたいということなので連れて行ってきました。先週は「支那そば」と「冷やし中華」だったので、今回は「冷やし支那そば」と「ざる中華」を注文。私はざる中華を食べたのですが冷やし中華同様、長崎家特有のかん水臭が抑えられたやさしい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

緑屋@弘前

7/17 7/1にリニューアルオープンしました。娘夫婦が今まで切り盛りしていた「緑亭」を閉め、こちらで一緒にやることになったそうです。 甘めの動物系醤油味にやさしい煮干香。津軽の味ですねぇ。緑亭時代に裏メニューとして存在していた「塩ラーメン」が定番メニューとして載ってました。また、鉄板メニューも健在です。敷居が低くなり親しみ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麺道楽@中央弘前

7/17 オープン当初に行ってから2度目の訪問。以前と同じく看板メニューの「焼干中華」を注文。濃い目の魚介系醤油スープに厚めの香り油、魚粉も少々浮かびます。そして麺は焼干の練り込み麺。あっさりとした長崎家の焼干味とは対極にある味だと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎家@黒石

7/17 黒石が誇る老舗ラーメン店。ガラスープに焼干しを効かせたあっさりスープは戦前から変わらぬ癒し系の味。そして、200gの噛み応えある自家製麺。美味いですねぇ。 今回は焼干しダシ使用の冷やし中華を注文。多めに注がれたつゆは甘酸っぱくも出汁の香る長崎家の味。量も多く満足の一杯です。 住/青森県黒石市市ノ町40…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ラーメン甚五郎@青森

7/16 約1年半前にオープンというのですが、あらしさんに教えてもらい初めて気付いたお店。幸畑野内線(空港から降りてきて、青森大学に向かう道)を走り、あすなろ温泉の看板を進入、2~300m先左側です。 メニューは塩ラーメン、味噌ラーメン、シャモロックラーメンの3種。私は名前に惹かれシャモロックラーメンを注文。鶏の心地よい油分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市)

7/16 3杯目 洋食屋の箱館らーめん 鶏を主体とした無化調の創作塩ラーメン。少し尖った塩スープながら、表面に浮かぶ鶏油とバジルのマー油がいい具合に包み込む。具材を麺の下に隠し込むという形態もおもしろい。実際にお店に行って食べたいお店ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市)

7/16 2杯目 元祖バスラーメン しょうがの効いた動物系スープに中太縮れ麺。定番の琥珀色の塩スープは函館の定番的装い。特徴を言うならば、表面の動物系油脂の層。寸胴から一緒にすくい上げたであろうそれは旨みを含む熱々のもの。素直においしい函館ラーメンでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青函ラーメン街道@八甲田丸(青森市)

7/16 1杯目 あおもりラーメン協会 大間まぐろラーメン マグロの出汁に動物系スープをあわせ、ガーリックオイルを浮かべた創作ラーメン。 こってりした魚介系醤油スープの中に、りんごファイバー麺のしっかりとした噛み応えを楽しめます。マグロという圧倒的な知名度に、ニンニク&りんごという地場産品を絡めたまさに県のラーメン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

井上家@弘前

地元で「こってりしたラーメンが食べたい」と言われればまずこちらに連れてきます。弘前近辺に博多ラーメンや豚骨主体のお店がないので、味噌系を抜かせばこちらの家系味がやはり最も濃厚なのでは。 連れて行く皆の反応も大変満足しているようなので、家系の味は津軽にも受けいれられるのだと実感します。 住/青森県弘前市稲田2-5-2 電…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more