アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「東京都墨田区」のブログ記事

みんなの「東京都墨田区」ブログ


西川家@東向島 新店

2007/02/01 23:58
画像

画像

画像

2/1
 昨年の12/24にオープンした石川家@東岩槻系のお店。家系の中でも特に濃厚なスープは他店よりもガラの量を多くしているため。シャキシャキとした食感の九条ねぎをのせるのもこちらの特徴。鶏油が混ざり合い粘度の高いスープにもちろん酒井製麺。城東地区において家系味を十二分に堪能できる貴重なお店になる。
 
 石川家の石川さん自身がヘルプに来ていて、話を聞くとこちらは親戚のお店になるとのこと。もともとどじょう料理店だったという店内はかなり広め。各テーブルにガスがひかれているので、将来的には鍋を使用した他の料理との融合もおもしろいのではとのこと。また、スタッフが集まりしだい午前3時くらいまでの深夜営業も始めるそうです。

住/東京都墨田区東向島5-19-13  
営/11:00-14:30、17:30-21:30
 
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


開山@曳舟 新店

2006/12/11 23:54
開山@曳舟 らーめん(細麺)600開山@曳舟 メニュー
らーめん(細麺) 600

開山@曳舟 外観

12/11
11/2にオープンした新店。しらすさんのブログを見て早速行って来ました。時流に沿って魚介ダシを加えるという「らーめん」を注文。動物系のやや濁るタイプのスープに節系の香り。丼の端を見るに魚粉も微量に入る。表面に浮かぶ油は寸胴で炊く際にでる油分のようで、甘み旨みが含まれスープの味を補強する。スープ自体の甘みが目立つ感もあるが、ネギの辛さがうまい具合に噛み合う。麺は細ストレートの熟成麺。適度に色づけされ、もう少し寝かせれば北海道(西山風)の麺に近くなる。
鶏・豚・魚介と別々にとるというこだわりの「トリプルスープ」。前職も飲食関係だったそうなので知識に基づいた今後の新作にも期待です。

住/東京都墨田区東向島2-30-10
営/12:00-15:00 18:00-22:00
休/月曜



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3


麺屋 はじめ@東あずま 新店

2006/12/06 23:53
はじめ つけ麺(つけ汁)はじめ つけ麺(麺)
つけ麺 650

はじめ 外観

12/6
以前は千葉県の成田市で営業していたお店で、石神本の掲載や千葉拉麺通信での活躍など千葉では有名なお店。そのお店が12/1に東武亀戸線東あずま駅駅前にオープン。大勝軒でラーメン作りを学んだ店主で、つけ汁は大勝軒風の構成だが酸味が強く魚介はさほど主張しない。麺は並盛で265g。成田時代は自家製という前情報だが、現在はカネジン食品のもの。中太の熟成されたツルツル麺で、水でしめられ少し硬めの印象。歯が押し返される感じで食べ応えあり。
最近、多麺多@亀戸・達人@西葛西・○心厨房@木場など城東地区につけ麺店が多く出来てるようなのでその辺の動向にも注目したいですね。

住/東京都墨田区立花3-13-3
営/17:30-23:30
メ/つけ麺650 味噌つけ麺750 らーめん650 味噌らーめん750 チャーシューめん950



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


よかろうもん@錦糸町

2006/10/30 19:23
よかろうもん ラーメンよかろうもん外観
ラーメン 600

10/29
深夜にこちらへ。
今日はいつも惹かれながら頼む勇気がなかった「スーパー粉落とし」を注文。粉落としまでなら何回か経験があるのだが、スーパーがつくものはここでしか見たことが無い。見ていると麺茹で1秒足らず。そして実食。甘い!というか生。熱が通らない分グルテン質特有の弾力ができていない。やはり「かため」くらいがベストですね。
スープは相変わらずの濃度で酔いがさめました。

住/東京都墨田区緑3-17-8  
電/03-3634-4480
営/11:30-15:00、17:30-2:30、土日12:00-2:30  
休/月曜
メ/ラーメン600 煮玉子ラーメン700 もやしラーメン700 キクラゲラーメン780



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ごんろく@両国

2006/10/27 23:56
ごんろくごんろく
味噌つけ麺 780

10/27
セーラー服と機関銃を見ていたら遅くなってしまい、近くの深夜営業のお店ということでこちらへ。
甘・辛・酸のつけ麺の中でも特に甘みの効いたやすべえ系列特有の味。っていうかこの味が最近の主流ですね。腹が空いたときにはとにかく重宝する味です。そしてもちもちの極太麺は並で220g。中は330gで大は440g。しかも同料金。この価格設定も増えてますねぇ。
ちなみに私の地元青森では最近昼夜問わず、ライス・おしんこ無料(ラーメンを頼んだ方のみ)というのが流行っています。集客という点でかなり効果が出ているようですが、東京の地価・物価では割が合わないのでしょうか?

住/東京都墨田区緑1-28-11
営/11:00-翌4:00、日祝11:00-23:00  
休/無休
メ/つけ麺680 味噌つけ麺780 醤油らーめん680 塩らーめん680



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 26 / コメント 3


ら・めん風@両国

2006/10/22 23:18
風らーめん風外観



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 24 / コメント 0


よかろうもん@錦糸町

2006/10/18 17:23
よかろうもん ラーメンよかろうもん外観
ラーメン 600

10/16
友人と泥酔し、意識半ばのままラーメンを。
最初タクシーで「ごんろく@両国」に行くも閉店。なのですかさずタクシーを捕まえこちらへ。味は豚骨を強く炊き出した博多系ストロングスタイル。麺はかん水臭の強い博多直送のもの。これが美味い。変に味を探る必要もなく与えられた味を素直に堪能。酔ったらまたお世話になりそうです。

住/東京都墨田区緑3-17-8  
電/03-3634-4480
営/11:30-15:00、17:30-2:30、土日12:00-2:30  
休/月曜
メ/ラーメン600 煮玉子ラーメン700 もやしラーメン700 キクラゲラーメン780



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


両国大勝軒@両国

2006/10/18 17:15
両国大勝軒両国大勝軒
特製もりそば 600

10/15
「こむぎや@両国」と蔵前橋通りを挟んで向かい側にある東池袋系の大勝軒。とりあえず特製もりそばを注文。つけ汁は今まで食べた東池袋系の中でも一番澄んでいる。油感も薄く、胡椒も効かない。しかし、味はやはり甘・辛・酸のそろった東池袋系。麺ももちろん自家製で大勝軒の麺。さっぱり食べやすい大勝軒といった印象でした。半チャーラーメンもあるのでそちらもおススメです。

住/東京都墨田区石原1-31-9  
電/03-5608-0729
営/11:00-21:00頃  
休/土曜
メ/特製もりそば600 ラーメン500 らーじゃんめん700




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


こむぎや@両国

2006/09/12 23:54
こむぎやこむぎや

9/12
雨の中バイクで須田商店@町屋に向かうもエンスト。故障?タクシーで家に戻り、自転車でこちらへ。以前、超らーめんナビの小林達人の書き込みを見て好評だった特製つけ麺を注文。ご主人はもともと製麺所に勤めていた方らしく、粉に対してかなりのこだわりがあるよう。つけ麺の麺は極太の部類で、国産小麦100%。全粒粉使用で褐色がかっている。粉は中力でやはりうどんのようなもちもち感。流行の麺に比べ柔らかい印象。「新栄食品」という亀有の製麺所に特注しているそうです。つけ汁は濁らず、魚介が強く効いた醤油タイプ。全体的にまとまりのある完成度の高い一杯でした。

住/東京都墨田区石原1-23-5  
電/03-5610-2281
営/11:30-25:00  
休/無し
メ/支那そば650 しょうゆラーメン650 味噌らーめん(しゃんこ麺)800 特製つけ麺750



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


らん亭@曳舟 新店

2006/08/09 23:48
らん亭外観らん亭醤油ラーメン

らん亭塩ラーメンらん亭つけ麺

8/8
おださん、たけひこさん、ライダーマンさん、しらけんさんとこちらで合流しお酒を飲みながら、ラーメンをいただきました。
醤油・塩・つけ麺と一通り食べさせていただいたのですが、印象に残ったのは「塩」。まず、そのスープの透明度の高さ。函館塩ラーメンをも凌駕する綺麗なスープで、それでいて動物系のダシがしっかり感じられる奥深い味。それに合わされる三河屋製麺の手打ち風モチモチ麺。バランスのとれた一杯だと思います。
民家を改装したお店のお座敷で食べるラーメン。アットホームな落ち着ける空間を満喫しました。

住/東京都墨田区向島5-20-4  
電/03-3624-3988
営/18:00-25:30  
休/土日
メ/中華そば醤油600 塩600 スープ餃子350



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


タイトル 日 時
ミンミン@東向島
 ミンミン@東向島 おださんに煽られていたのでバイクをとばしこちらへ。 まず店構えがすごいですね。巨大な集合住宅の1階部分のテナントスペースなんでしょうか?暗くてよくわからないというか、お店の外には照明が全くなく店名すらよく見えません。しかし店内はほぼ満席。その異様な光景に惹かれて入店(何故^_^;) スープは魚介の効かない動物系。表面は分厚い油の層に覆われ大量のネギが混在。そのためか、量のわりにサラリとしていて、酢の酸味が更に清涼感を誘います。 麺も白さが際立つコシのあるもの。辛味・酸味・油味が同居... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/20 13:10
つし馬@浅草
 つし馬@浅草 青森の煮干中華を出すこちらのお店で、津軽に広がる麺文化「中華ざる」を始めました。(中)750円(大)900円。 聞き慣れない言葉かも知れませんが、世に言う「ざるそば」の中華麺版を想像していただければ良いと思います。醤油に煮干しが効いたさっぱりとしたつけ汁に小林製麺の多加水麺を合わせるこれからの季節にぴったりの一杯です。つけ麺のように動物系こってりとしたものではないので、ヘルシー思考の特に女性なんかにもお勧めです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/08 00:22
つし馬@浅草が津軽の煮干ラーメンを提供
同郷の田中商店店主による、待ちに待った「つしま」開店の日。はやる気持ちを抑えつつも普段はじっとしているエスカレーターを早歩きで駆け上がり、お店に向かいました。店に到着すると田中店主自ら腕をふるっています。壁には「大、中」の文字。もしや?、そう、青森市で絶大な人気を誇る「丸海」を意識したようなラーメンなんです。若干の酸味を伴う、醤油が立つ味わい。磯を感じる野趣溢れる煮干の香り。麺に関しては更にクオリティの高いスープにマッチしたもの。津軽が誇る煮干味が東京初進出なんです。今ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/17 15:39

トップへ | みんなの「東京都墨田区」ブログ

ラーメンマンの食べ歩き 東京都墨田区のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる